close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

テニスを中学生になり始めました。手首が弱いとコーチに指摘を受けました。手首だけを鍛える方法ってありますか?

Question

テニスを中学生になり始めました。手首が弱いとコーチに指摘を受けました。手首だけを鍛える方法ってありますか?

Answer
内藤康

内藤康

パーソナルトレーナー

ご質問ありがとうございます!
回答いたしますね。

手首の動きに関わる前腕(手首から肘の間)の筋肉を鍛える代表的なトレーニングとして、前腕を固定した状態で手首を曲げる(掌屈)リストカールと逆に反らせる(伸展)リバースカールなどがあります。この2つはダンベルやチューブなどで負荷をかけて行うことが多いです。

ただ上記のトレーニングにより前腕の筋肉は強化できますが手首を強化できるかというと一概にはそうとは言えません。テニスの目的としての手首強化とはラケットをもったときの安定性でしょうか?それとも可動性(自在に動くか)でしょうか?それによっても内容は変わってくると思います。

可動性であれば上記の代表的なトレーニングで強化できると考えますが、安定性の方はプラスαでトレーニングが必要となってきます。

私の考えとしてはウエイトトレーニングをただ行うだけでは競技パフォーマンスに直接は繋がりません。この2つを繋ぐ様々な要素のトレーニングが必要となってきます。

いずれにしてもただ手首単体を鍛えるだけでいまよりパフォーマンスがあがることかといえばそうではないと思います。身体というものは連動して力を発揮するため、どこか特定の場所だけ強化して効果を発揮するものではないからです。

解決のためには基礎として全身の筋力トレーニングが必要となりますので取り組まれてみることを強くおすすめします。競技のパフォーマンスアップにつなげるために手首だけでなく全身のトレーニングに取り組まれて下さい。

またなにかあればご質問くださいね!頑張ってください。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する