close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

こんにちは。 私は現在大学2年で陸上競技の棒高跳びをしています。競技歴は中学1年からやっており、8年目になります。月曜...

Question

こんにちは。
私は現在大学2年で陸上競技の棒高跳びをしています。競技歴は中学1年からやっており、8年目になります。月曜と木曜日の2日休みがあります。
競技歴は長いのですが、この頃試合で全く飛べなくなってしまいました。棒を曲げることが怖いと思ってしまっています。気合いで何とかしようとしましたが根本的解決になっていないと感じています。恐怖心に対する解決法を教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

Answer
石井聡

石井聡

スポーツメンタルトレーニング上級指導士

競技を始められて、8年目で恐怖心が芽生えてしまったのですね。
大変なことだと思います。

"棒を曲げることが怖い"とのことですが、
「曲げて折れてしまうこと」が怖いのか、
「曲げてもバーを越えられないこと」が怖いのか、
それとも他の原因があるのか、いずれかでしょうか。

今回恐怖心を乗り越える方法についてご紹介したいと思います。

気合いでなんとかなるようであれば、それは恐怖心ではなく、不安や心配にあたるのではないかと思います。この場合は、まず行動してみる、つまりよく言われますが「やってみる」がポイントになってきます。

恐怖心の場合は「できないこと」がわかっていますが、「何ができるのか」がわかっていないこと多いです。当然、これまでの8年間の経験がありますので、出来て当たり前のことが多いと思います。

しかし恐怖心は、この当たり前に出来ていたことを、当たり前に出来なくしてしまいます。したがって、出来ることの確認と出来る事を増やしていく行動が大切になってきます。
つまり、ごく簡単なことや小さいことから練習を積み重ねていくことが大切です。この"出来る"という、小さな自信の積み重ねと、小さなことに挑戦する勇気が恐怖心に打ち勝つためには必要です。

まずは当たり前にできることから確認をして欲しいと思います。
確認を行う際に挑戦をすると思います。挑戦をするときには、緊張や不安に襲われると思います。そのような時は、「胸を張って上を向いて深呼吸」「自信がある態度」「笑顔」「プラスのセルフトーク」を使って行なうことが効果的です。

笑顔でリラックスして、自信がある態度や表情・言葉遣いを意識し、出来る事を積み重ねていくことで恐怖心に打ち勝って欲しいと思います。
自分の敵は、自分です。練習プランを計画して取り組んでみてください。

何かわからない点があれば、いつでも質問してくださいね。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する