close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

高校で陸上をやっています。短距離が速くなるためにはどのくらいの頻度でダッシュをしたらいいですか?あと長距離を走っても短距...

Question

高校で陸上をやっています。短距離が速くなるためにはどのくらいの頻度でダッシュをしたらいいですか?あと長距離を走っても短距離速くなりますか?

Answer
坂田幸範

坂田幸範

理学療法士、 スポーツトレーナー

ご質問ありがとうございます。
運動経験の少ない方であれば、長距離を走って短距離も早くなることは考えられますが、陸上をやっている方であればお勧めの方法ではありません。
ただ単にダッシュするだけでも期待するほどの効果も少ないかと思います。
大切なのは自分が何が得意で何が苦手なのかを認識することです。
私は陸上の専門家ではないので技術的なことはお伝えできませんが、
短距離の中で重要なフェーズとして、スタート、加速、トップスピードがあるかと思います。それぞれに細かな技術がありそれに必要な身体条件があるわけです。
身体に求められるものとして、身体の可動性、安定性、パワー(力×速度)などがあります。
まずは可動性(柔軟性とは違い自分の意思で動かせる可動域)と安定性(特に体幹部)があることが条件です。
次にパワーですが、スタートや加速時にはしっかりと地面に対して正しい角度でパワーを伝えなければなりません。
パワーの構成要素は、Force(力)とVelocity(速度)です。
例えば、
Forceが10 Velocityが5  Powerは50
Forceが5  Velocityが10 Powerは50
Forceが7  Velocityが7 Powerは49
というように同じPowerでも中身が違います。
今の自分がどのタイプなのかを理解して
Forceが必要なのであればストレングストレーニング
Velocityが必要なのであれば神経系のトレーニング(プライオメトリックなど)
を行うことが重要になります。
ご自身の特徴を理解した上でトレーニングしてみてください。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する