close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

高校3年生でハンドボールをしています 足首をひねって病院に行くの繰り返しなのですが、靭帯は切れていないと言われます。走...

Question

高校3年生でハンドボールをしています
足首をひねって病院に行くの繰り返しなのですが、靭帯は切れていないと言われます。走り込みとか練習終わった後、ひどいと練習する前から体重をかけることができません。内側のくるぶし辺りが痛みます。
また腰もいたくなるんです。苦しいというか。
どうすれば治るのかわかりません。一応リハビリには通っていたものの、良くなることはありませんでした。
そして、両脚がシンスプリントで痛いです。コートがラバーコートと言うコンクリートの上にゴムが薄くあるくらいのコートです。私と同じ学年のみんなや先輩方も苦しめられてきました。シンスプリントを軽減させたいのですが、どうすればよろしいのでしょうか。
長文ですみません。

Answer
坂田幸範

坂田幸範

理学療法士、 スポーツトレーナー

シンスプリントは多くのアスリートを悩ます怪我の一つですね。
私も高校一年の時に経験があります。
コートが原因の一つであるあることは否定しませんが、環境を変えることは現実的ではないのでその他の対処法を考えましょう。
そのコートで練習している全ての選手が同じ怪我になるのであればコートと練習法が間違っているとしか言いようがありませんが、少なからずそうではない選手もいるはずです。
怪我をする選手としない選手との違いを考えてみましょう。

まず、怪我の考え方として急性障害と慢性障害がありそれぞれ起きる原因が違います。(図参照)
急性障害は一回の強力な外力により組織に損傷をきたしてしまう状態です。コンタクトにおける骨折や靭帯損傷など原因がはっきりしている場合が多いです。
慢性障害は、組織に対して繰り返すストレスが組織の修復スピードを超えた場合に初めて痛みとなって現れる場合です。(オーバーユース)
安静にすると組織の回復とともに痛みは減りますが、再びストレスが加わると再発し、やがて組織の変性をきたし取り返しのきかない状態になることもあります。

足部障害の原因として、

1)足部の状態は適切か
・足部の構造的な問題はないか(足部のアーチ低下など)
・可動性は十分にあるか
・安定性は十分にあるか

2)股関節の機能は十分か
・股関節の可動性は十分にあるか
・衝撃の吸収や力の発揮を上手に行えるか

3)バランス機能に問題はないか
・片足でのバランスは適切か
・バランスをとるために体を固めすぎていないか

など様々な要素が考えられます。

オーバーユースが原因であるとすれば上記の問題を一度チェックしてみてください。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する