close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

私は大学2年生で、くる4月に3年生になります。バスケットボールを小学3年生から続けています。現在は週6で練習をしてます。...

Question

私は大学2年生で、くる4月に3年生になります。バスケットボールを小学3年生から続けています。現在は週6で練習をしてます。今回相談の内容は、ミスの恐怖から攻め込めずに中性的なプレイスタイルになってしまっています。それで試合にも使われずに、グタグタしてしまっています。原因もわかっているのになかなか自分からワクワクするようなプレイが出来ていません。なにかモチベーションとして、トレーニングを始めて2ヶ月続けていますが、発揮出来るようになるにはもっと辛抱したら良いのでしょうか。新入生も入って余計に不安ばっかり募るばかりです。

Answer
河津慶太

河津慶太

学術協力研究員(スポーツメンタルトレーニング指導士)

ご質問ありがとうございます。早速ご質問に答えていきたいところなのですが,少し私の方で質問を把握しきれておりませんので,質問文の中でいくつか確認させてください。

また,この質問には少し個人的な内容が入ってきますので,本来であれば私のような専門家との直接の個別面談がベストであり,Q&A上だけだとどうしても限界があるということをあらかじめご了承ください。

確認1:「中性的なプレー」とは,例えばシュートを打てば良いところで外すのを恐れて結
局パスを回してしまうというような,いわゆる「守り」のプレーということでよろし
いでしょうか?

確認2:自分からワクワクするようなプレーができない原因とは「ミスをおそれている」と
いうことでよろしいでしょうか?それともミスを恐れるようになった原因があると
いうことでしょうか?

確認3:「モチベーションとしてトレーニングを始めた」とありますが,これは筋力トレー
ニングのことですか?また「発揮できるようになる」というのは何に対してでしょう
か?今独自に行っているトレーニングのことでしょうか?

以上になります。
メンタルトレーニングの第一歩として「問題を明確に把握する」というのがあります。技術的なトレーニングでもまずは「自分には何が足りないのか?」を考えますよね。

 そういうものだと思って,まずはこの確認事項に明確に答えてみてください。よろしくお願いいたします。

時間を割いていただきありがとうございます!
確認1の返答としては、まさにその通りです。周りからどう思われているか、判断が間違っていたりしていないか、気にしていて自分が司令塔のガードのポジションにもかかわらず、指示を出すの躊躇し、自ら得点を取りに行くのさえも…という感じで負の連鎖とはわかっているものの、なかなか解決しないでいます。
確認2と返答として、練習試合などでAのメンバーの後のBチームで組む試合などで、Aチームは大差で勝ったのに、Bはまけてしまって、そのなかのメンバーでした。そういうようなことがきっかけで、あまり自分から攻めることもなくなり、ミスを恐れるプレイスタイルになってしまいました。しかしこのままではいけないと思い、確認3でのような事を始めるようになりました。
確認3の返答としては、Bチームで試合に出れた時に1や2の考えから、練習中にあ、あいつなんか最近体強くなったよね、とかうまくなったねなど、なにか自分のスペックをつけたいと思い、基礎である独自の筋力トレーニングとバスケのドリブルの練習などをするようになりました。しかし、半年くらい続けているのですが試合にも使われなくなったり、結果が出てきません。

Answer
河津慶太

河津慶太

学術協力研究員(スポーツメンタルトレーニング指導士)

返答ありがとうございます。

なるほど,とりあえず今やっているトレーニングなどの方向性を確認することから始めて
みてはいかがでしょうか?

現在行っている筋力やスキルのトレーニングに関して監督やコーチ,トレーナーの意見を聞いてみましょう。

独自で行っているようなので,専門家の意見を取り入れるとより効果的な努力にはなると思います。

メンタル専門の立場としては,筋力やスキルトレーニングの内容に関して言えることは少ないので,目標設定,セルフモニタリングをお勧めします。

要は,練習や試合,自主トレの内容をノートに記録するということです。

人間は基本的に,感情が大きく動いたこと(怒る,悲しむ,喜ぶ)をより多く経験したように錯覚することがあります。

しっかりと記録を取っておけば,実はちゃんとプレーできた試合もあったりするものです。それによって自分の認識が変わることもありますよ。

そして練習や試合,自主トレでの目標をノートに書いてそれを実行していくということをしてみてください目標を一つずつクリアするという経験をきっちり重ねていけば自信もついていきます。

目標を立てる時の留意点はこちらをご覧ください。
https://muster.jp/course/275/
https://muster.jp/course/6/

今は試合で自分からガンガン攻めるということができていないということなので,目標を立てるとき「自分からガンガン攻める!!」というような目標にしてしまいがちです。それができなくて苦しんでいるので,こういった目標を立ててしまうと悪循環になる可能性があります。少しハードルを下げた目標を立てると良いかもしれません。

・試合や練習,自主トレで目標を作る
・試合や練習,自主トレの内容,結果,その時の感情などを記録する

この2つをやってみてください。
余裕があれば,目標を立てたら一度その目標を教えてください。
さらに具体的なお話ができる可能性はあります。

最後に,本来は直接会っての面談がベストだということ,これらのやり方は向き不向きがあることをご了承ください。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する