close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

中3で剣道をしています。 先日大会があり、その大会で入賞するためこの4ヶ月ほど自分なりに頑張ったつもりです。 しかし...

Question

中3で剣道をしています。
先日大会があり、その大会で入賞するためこの4ヶ月ほど自分なりに頑張ったつもりです。
しかし大会では結局入賞できず、また一番自信のあった得意技で勝てませんでした。切り替えないといけないのはわかっているのですが、一週間たった今も引きずっています。
悔しい気持ちもありますが、今まで頑張ってきたことが試合で出せなかったこともあり、中途半端な努力をするならしないほうがいいのではないかと感じています。
どうしたら切り替えてポジティブに考えられますか?

Answer
河津慶太

河津慶太

学術協力研究員(スポーツメンタルトレーニング指導士)

ご質問ありがとうございます。早速ご質問に答えていきたいと思います。

しかしながら,この質問には少し個人的な内容が入ってきますので,本来であれば私のような専門家との直接の個別面談をお勧めします。

なので,Q&A上では限界があることをご了承のうえで回答をご覧ください。

質問者様の望みはできるだけ早く切り替えるということだと思いますので,それを目的としていくつか回答したいと思います。

1.切り替えないといけないと思いすぎなくてもよい

「~しないといけない」という言葉がすでにネガティブで,「~しないといけないのに,それができない自分はなんでダメなんだ・・・」というような悪循環も出てきてしまうことがあります。

まずは,今回の失敗を悪いものとして見ないようにする,早く忘れるようにする。という風に頑張ることはやめてみましょう。実際失敗を一週間引きずるなんでよくあることですよ,私がお話を聴くことがあるプロのスポーツ選手でもずーーっと引きずっている人はいます

2.悔しい気持ちや努力なんて意味ないのでは?というような思いをとにかく吐き出す

今回の失敗によって自分の中に出てきた様々なネガティブな気持ちや考えは,頭の中でぐるぐるさせておくとよけいきつくなります。

そこで,今自分の中にあるネガティブな感情や考えをありのままに「誰かに聴いてもらう」,「日記に書いてみる」などしてみましょう。かなり楽になるはずです。

ただ,「誰かに聴いてもらう」を選んだ時は気を付けてください。私のような専門家が相手の場合は全く問題ないと思いますが,そうでないなら,自分にとってよくない結果になってしまう場合もあります。

誰かに聴いてもらう場合は,「意見を言わずにただただ自分の話を聴いてもらう」ことができる人を選びましょう。

3.次の大会のために自分のしたいこと,やる練習の内容などを考えてみる。

ネガティブな感情を思いっきり吐き出して,すっきりした状態になれたら,その次に,今後のことを考えてみましょう。

次の大会のための練習の計画や,身に着けたい技,もっと磨きたい技などを考えてみましょう。

いかがでしたでしょうか?最初にも言ったように本来はじっくり話を聴きながらその人に会ったやり方を考えていくものですが,Q&Aでは限界があります。もしかしたらこのやり方が向いていない場合もありますので,また何かうまくいかないことがあれば遠慮なくご質問ください。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する