close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

小学生5年生でミニバスを3年間、週4日やっています。10月の新人戦が始まった頃から試合前にトイレに頻繁に行くようになり、...

Question

小学生5年生でミニバスを3年間、週4日やっています。10月の新人戦が始まった頃から試合前にトイレに頻繁に行くようになり、最近は試合開始に間に合わないこともあります。この間の試合では試合前にチームメイトがいる前で母親の私の所に来て、あかちゃんの様に、ワンワンと怖いと泣きました。理由は指導者から怒られるのが怖い。チームメイトから言われるのが怖い。でもそれだけしゃない。とにかく試合が怖くてたまらない。
1月の6年生最後の大事な試合直前に初めての生理が来きてしまい、試合に遅れたこともありました。
さらに、ずっとキャプテンを決定するまでの間、指導者の支持でキャプテン業務をやっていたのに、子どもたちの多数決でのキャプテン决めでライバルに1点差で負けて落ち込み、試合の恐怖もさらに増しました。
バスケは好きだけど、試合に出たくない。みんなに迷惑が、かかるから辞めたいといいます。
指導者は期待してるからと怒るんだと本人につたえたそうです。
恐怖心に立ち向かうために、どう接し、声をかけて良いのか、アドバイスをいただけたらと思います。

Answer
河津慶太

河津慶太

学術協力研究員(スポーツメンタルトレーニング指導士)

ご質問ありがとうございます。

まずはじめに,こういったご相談は私のような専門のものと本人とで一度はお話しさせていただくことがベストだということをご理解ください。こういったQ&Aではこちらが得る情報が限定的になりますので,本人に適した個別の対応策が難しくなります。

それを踏まえたうえで,ご質問者様がこの状況でできることを回答いたします。

1.とにかく話を聴くだけ。
2.比較,評価,意見をしない
3.応援,支援の気持ちを伝える

これら3つを念頭に置いて接してみてはいかがでしょうか?以下に簡単に解説しておきます。

1.とにかく話を聴くだけ

 基本はこれを徹底してください。私たちがこういった悩みを抱えた選手と接するときに徹底していることです。

わかっていてもこれはとても難しいことです。例えば自分が忙しい時に話を聴き始めてしまって,時間を気にしながら話を聴いていたりしたら,時間を気にするような態度が相手に伝わってしまい,信頼関係が悪くなったというようなこともあります。

何が起きたかではなくそれによって相手はどんな気持ちになったか?相手の感情を理解しようと努め,「なんでそんなことで?」「普通落ち込まないでしょ!」など自分の中にわいてきた思考や,感情などは抑え,相槌をうちながらとにかく聴いてください。

相手の感情がどういったものなのか?理由がどこにあるのかを掘り下げようというときは質問しても構いません。

「聴く」という言葉は心で聴くという意味だということを忘れないでください。

2.比較,評価,意見をしない

話を聴くときに大事なことは自分の思考や感情を抑えることと書きましたが,比較,評価,意見をすることはそれとは真逆のことです。

意見をしようとすると人は,自分の経験や思考,感情など,悪い言い方をすると「自分の色メガネ」を通して話すことになります。それがその人にとっては,さらにプレッシャーをかけられていると感じることもあります(私もそういった状況を経験したことがあります)。

「そんなの当たり前のことだよ」「あの子はこうだった,私はこうだった」,「それはあまり良くないことだ」,「ああすればいいのに,こうすればいいのに」という言葉を言ってしまったことはないでしょうか?振り返ってみるのもいいでしょう。

3.応援,支援の気持ちを伝える

お子さんの話を徹底して聴くことができたなら,自分の気持ちを伝えることはよいことだと思います。

その際「こうしてほしい,ああしてほしい」という言い方だと意見になりかねません。質問文のところでもあった「期待しているから怒るんだぞ!」というのも「だからこんなことでいちいち落ち込んでいるじゃない」という監督の意見がその奥に聴こえてきているのかもしれません。そうなってしまってはこの言葉は励ましでもなんでもなく,意見の押し付けになってしまいます。気を付けましょう。
自分がお子さんにどうあってほしいのか?自分はお子さんをどのように支えていきたいのか?私メッセージというのですが,「私はあなたに~~したい」と自分自身の支援の気持ちを伝えるだけで十分です。

アドラー心理学ではこれを「勇気づけ」といいます。それはお子さんが,「自分の味方がここにいる,だから失敗しても大丈夫なんだ」と思わせることです。

以上になります。最後に,心の変化,成長は大人でも大変で,とても時間がかかります。これをやったからと言ってすぐには効き目が出ることは少ないです。じわじわと漢方薬のように効いてくるものだと思ってください。
また何かありましたら遠慮なくおっしゃってください。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する