close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

高校2年でサッカーをやっています。 最近試合や練習で緊張感や集中力がなくDFをやっているのですがプレッシャーにいくのも...

Question

高校2年でサッカーをやっています。
最近試合や練習で緊張感や集中力がなくDFをやっているのですがプレッシャーにいくのもなあなあで激しさなどがなくなってしまいました。大事な試合でも試合前は緊張しているのに試合になるとなくなってしまいます。自分の良かった時の試合を思いかえすとゾーンに入っていて緊張感もあって良かったと思います。
また戻るにはどうすればいいですか?

Answer
石井聡

石井聡

スポーツメンタルトレーニング上級指導士

試合中に緊張をしないということですが、一つ考えられる事は、リラックスし過ぎている状態になっている可能性があるので、少し興奮状態にする必要があると思います。

リラックスし過ぎているかどうかの簡単な確認方法は、心拍数の確認です。
調子の良い時とそうでない時の心拍数を記録して、確認をしましょう。
心拍数が低ければ、早くなるようなことを行ないましょう(ダッシュをするなど)。
反対に高ければ、心拍数を下げるようにしましょう(深呼吸や散歩など)。

しかし当然ですが、心拍数を調整するだけは緊張感を持つことはできません。自分の目標や試合での役割を果たすことなどを意識して試合に取り組む必要があります。
つまり、程よいプレッシャーを自分にかける必要があります。このプレッシャーの程度は、コーチに相談して取り決めるのがよいと思います。このプレッシャーは成長するための物なので、日々の練習を通して一番自分のことを理解しているコーチが適任だと思います。

ゾーンに入るための練習ですが、
下記記事をご参考ください。
https://muster.jp/course/23/最高の心理状態「ゾーン」をつくりだす!「ピークパフォーマンス分析」とは

しかし、試合中にゾーンに入る事はとても難しいことです。
プロ選手や日本代表選手でも、なかなかゾーンに入ることはできません。地道にトレーニングを積み重ねるしかありません。
このトレーニングというのは、心技体をバランスよく適切にトレーニングすることです。
できれば、メンタル面も科学的根拠に基づいて体系的・系統的に取り組むことが効果的です。つまり、ゾーンに入る方法は効果的なトレーニング方法はあっても近道はありません。
また、一人ひとりトレーニング方法が異なります。技術・体力を徹底してトレーニングして、次にメンタルであれば日本スポーツ心理学会認定のスポーツメンタルトレーニング指導士資格を持っている先生に相談され、指導を受ける事がよいのではないかと思います。
しかし、メンタルトレーニングはあくまでもトレーニングなので、魔法ではありません。
身に付けるまでに平均3年はかかると言われています。

今回は、簡単に取り組めるものを紹介しております。少しでも、お役にたてばと思います。 もし、本格的にトレーニングをされるのであれば、お近くの専門家に直接指導を受けられる事が一番効果的です。

参考文献
Lew Hardy,Graham Jones&Daniel Gould(1996)Understanding Psychological Prepration for Sport.John Wiley & sons.
Robert S.Weinberg & Daniel Gould(2007) Foundations of sport and exercises psychology 4th ed.Human Kinetics.

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する