close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

高校2年の女子です。 高校からラグビーを始めたのですが、練習では走れても試合ではすぐバテてしまいます。 どうしたら試...

Question

高校2年の女子です。
高校からラグビーを始めたのですが、練習では走れても試合ではすぐバテてしまいます。
どうしたら試合に使える体力をつけることができますか??
タックルも人にはいることができなくて困ってます。。

Answer
石沢直之

石沢直之

パーソナルトレーナー&栄養コンシェルジュ

ご質問ありがとうございます。
試合中にバテてしまう原因として、体力面(特に心肺機能)、栄養面の問題があるかと思いますが、今回は体力面の心肺機能の向上にターゲットを絞り、回答させて頂きます。
心肺機能を向上の為のトレーニングを行う為には、まずは最大酸素摂取量を知る必要があるため、本来であれば専門家に最大酸素摂取量をテストで計測し、それを基に有酸素運動の運動強度を決定することが望ましいです。
それが難しければ年齢から最大心拍数を算出し(220-年齢)、カルボーネン法などで運動強度を決定します。

・カルボーネン法

目標心拍数=(予備心拍数×運動強度)+安静時心拍数
※予備心拍数=最大心拍数−安静時心拍数

有酸素運動能力を向上させるには、目標心拍数を最大心拍数の70〜80%程度に設定するのが効果的と言われているので、そのあたりの心拍数を目安に、有酸素的なトレーニングをすると良いのではないかと思います。ただ、あまりにもきつすぎる場合は、最初の目標心拍数はもう少し低めに設定し、徐々に目標心拍数を上げていくと良いでしょう。

また、タックルに入れるようにするためには、タックルのスピードの向上、入る角度の適正化を図るためには
・スクワットなどで、大きく強い力を出す能力の獲得
・クリーンやスナッチなどで速く強い力を出す能力の獲得
・効率よく、安全で、パワフルな出力発揮のためのムーヴメントトレーニング
などを行うと良いのではないかと思います。

タックルの件に関しても、本来は、実際の筋力、動作などを評価した上でトレーニングに取り組む必要があるため、可能であれば一度専門家の方に見ていただく事をオススメします。

今回の回答が、少しでもご参考になれば幸いです。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する