close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

大学3年生の女子です。 新体操を5歳から現在まで続けています。 練習頻度は、週6日です。 大学に入ってから、練...

Question

大学3年生の女子です。
新体操を5歳から現在まで続けています。
練習頻度は、週6日です。

大学に入ってから、練習終了時間が遅いこと、
そのあとにご飯を食べること、慣れないことからのストレスや、自分をコントロールできないことから、過食癖のようなものがついてしまい、入学してから10㌔ほど太りました。この3年間でも、何度も減量をしようとしましたが、結局減らすことができず、ここまで来てしまったという状況です。
入学当初は、疲れなどで食べられず、1ヶ月で4キロ痩せました。

やはり、できるだけ早急に痩せたい、見た目を良くしたいのと、体重増加による体への負担を減らして
最後の1年を終えたいです。

最近は過食癖も収まってきました。
しかし、約2年半、過食癖があったからか、
なかなか体重が減りません。
なにかアドバイス頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

Answer
吉村俊亮

吉村俊亮

スポーツ栄養学・パーソナルトレーニング

ご質問、ありがとうございます。

まず、なかなか体重が減らないということですが、体重の増減を繰り返していると体重がなかなか減らないとういことになりやすいです。
ご質問者様の情報が少ないので、的確なアドバイスができるかわかりませんが、下記についてはいかがでしょうか?

①体重を落とすために糖質の量を極端にへらしていないか
②月経異常になっていないか
③疲労骨折などの骨の怪我が多くないか
④お菓子など間食をちょこちょこ食べていないか

①の場合だと、身体を動かすためのエネルギー源が入ってこなくなるため、身体が低エネルギー状態でも生命を維持する為に低エネルギー状態に慣れてきます。
こうなると、体重はなかなか減らなくなるため、糖質の摂取量を体重を見ながら徐々に増やしていく必要があります。
ある程度糖質の摂取量が増えてくると、体重は少し減ってくるかと思いますが、そのまま増やし続けると体重も増え始めてしまうので、体重が減り始めた時の糖質量で止めて下さい。
②の場合だと、エネルギー不足が原因で起こることが非常に多いです。それに伴い、③のように骨の怪我が多くなります。
この場合、改善するのに長期間かかることがあります。改善策は①のように体重を見ながら食事量を少しずつ増やしていってください。
エネルギー不足が改善され始めると、体重も少しずつ減ってくるかと思います。
④の場合は、食事を減らしているかわりに、お菓子などの間食でその分のカロリーを摂取している可能性が考えられます。
お菓子は脂質も多く入っているため、量のわりにカロリーが高いです。
もし、この場合はお菓子を少しずつでもよいでの食べる量を減らし、ご飯の内容や量を変えてみて下さい。

体重を減らすための基本的な考えとしては、過度な糖質制限をせずに、ご飯と主菜となる肉や魚を摂り、残りは野菜中心の副菜を取り入れるようにします。
過食が収まってきたということなので、腹八分で食事はやめ、間食をするなら低カロリーのものを少量選びましょう。
間食は袋に入っている物であれば、袋を開けた日付などを書いて、5日以上かけて食べるというように目標の期間を決めたり、ささ身などの低脂質のたんぱく質を間食にするとよいかと思います。
肉は甘いものと同じように、脳内の快楽物質であるセロトニンの材料となる栄養素が豊富に入っているため、精神的な満足感も得られるかと思います。

是非、お試しください。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する