close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

大学1年で陸上長距離をしています。 3ヶ月ほど前からシンスプリントの痛みがあり、騙し騙し練習をしていたのですが、本格的...

Question

大学1年で陸上長距離をしています。
3ヶ月ほど前からシンスプリントの痛みがあり、騙し騙し練習をしていたのですが、本格的に痛くなってしまい、1ヶ月ちょっと前に脛骨疲労骨折との診断を受けました。1ヶ月練習を中断して、痛みがなくなり、病院でも練習を再開していいと言われ、軽いjogから始めたのですが、1週間ほどで違和感、少し痛みを感じます。また、痛めた右脚に力が入らない感覚がします。これは完治していないということなのでしょうか?

Answer
坂田幸範

坂田幸範

理学療法士、 スポーツトレーナー

質問ありがとうございます。
今回のようなケースは多くの方が経験することだと思います。
シンスプリントのような組織対して繰り返すストレスが原因の障害は安静にするだけでは完治しません。安静にして損傷を受けている組織が回復すれば痛みは無くなりますが、痛みを引き起こした原因は変わっていないため再び同じ動作を行えば再発してしまうわけです。

原因は色々と考えられますが、
①組織の負荷耐性が低い
②構造上の問題(扁平足など)
③動作の機能不全(走り方の問題など)
があり実際に評価してみないと確定することは難しいです。

怪我をしてから競技復帰をする際の流れとして、
・メディカルリハビリテーション(理学療法士など)
・アスレチックリハビリテーション(アスレチックトレーナーなど)
・ストレングス&コンディショニング(ストレングストレーナーなど)
上記の段階があります。

さらに、
・損傷を受けた組織のトリートメント(治療)
・筋肉のコンセントリック(求心性)収縮の回復
・筋肉のエキセントリック(遠心性)収縮の負荷耐性の獲得
・効率的な動作パターンの獲得
・プライオメトリックトレーニング
・ストレングストレーニング
などを経て競技復帰となります。

障害復帰にはマネジメントが必要になりますので、大学にトレーナーの方がいらっしゃれば一度相談してみてください。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する