close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

高校3年でついこないだ選手権で負けて引退しました。GKです。 最後の試合では練習なら止められてるボールを失点しました。...

Question

高校3年でついこないだ選手権で負けて引退しました。GKです。
最後の試合では練習なら止められてるボールを失点しました。よくよく考えてみれば、自分はいつも練習だととめられるのに試合だと触りきらずに入ってしまうことが多かったです。試合中シュートが来た時(止めた)と思ったボールがなぜか触りきらずに入ったり。やはり自分の中で感じるのは試合と練習でどうも感覚が違うということです。また必ず、ミスしたらどうしようと考えてしまいます。
ただ、一回試合中気分が乗ると全くミスする気がせず失点する気もしない時があります(いわゆるゾーンみたいな感じ)
常にこの心を持つにはどうすればいいですか?
試合を練習通りの心で挑むにはどうすればいいですか?
お願いします

Answer
石井聡

石井聡

スポーツメンタルトレーニング上級指導士

高校3年間、部活動お疲れ様でした。

ご質問が2つあると思います。以下のような感じでしょうか?
1)ゾーンを常に心に持つにはどうすればよいのか?
2)試合を練習どおりの心で挑むにはどうすればよいのか?
このことについて回答をさせていただきたいと思います。

まず「ゾーンを常に心に持つにはどうすればよいのか?」ですが、これは短期間で身に付けられるものではないということを、はじめにお伝えしたいと思います。

その理由は、プロのレベルでも常に調子のよい状態でプレーができている選手はいるでしょうか?
たぶん、いないと思います。また、ワールドカップで活躍できるほどの選手でも調子が悪いときがあります。
また、誰でもそうですが、調子がよい時はミスをする気が起きないぐらい調子よく身体が動きます。その時は、そのままの調子でプレーを楽しんでください。

大前提として「ゾーンに入る」ためのトレーニングがメンタルトレーニングです。
すぐに取り組める方法をご紹介したいと思います。

「ゾーン」に入る方法の一つとして、その状態を再現することができれば「ゾーン」に入ることができると思います。当日の朝の起床時から、どんな準備や行動、アップなどをしたのかをノートに記入し、再現してくという方法です。

また、心理的スキルとして「リラクセーションとサイキングアップ」のトレーニングに取り組み、よい緊張状態を作り上げることはとても重要です。
「リラクセーションとサイキングアップ」については、下記を参照して下さい。

試合前にチームの気持ちを高める、「サイキングアップ」を取り入れてみよう

試合中にあがってしまう選手は、「腹式呼吸」で緊張への対策を!

その他、プラス思考、イメージトレーニング、集中なども大きく関係しております。簡単にゾーンに入れるようになるトレーニングはありませんが、少しでも参考になればと思います。

メンタルトレーニングに関しては、いろいろな書籍が販売されていたり、各種セミナーなどが開催されておりますので参加を検討されてみてもいいでしょう。
一番の近道は、日本スポーツ心理学会認定のスポーツメンタルトレーニング指導士の先生から、科学的根拠のある指導を受けることだと思います。
しかし、数年は指導を継続して受ける必要がありますので強い決意と信念が必要です。

次に、「試合を練習どおりの心で挑むにはどうすればよいのか?」ですが、「練習は試合のように、試合は練習のように」とよく言われいる言葉です。

正直、「練習は試合のように、試合は練習のように」は、なかなかできるものではありません。
公式戦が一番緊張しますので、一番よい練習になります。そう考えると、たくさん公式戦で戦えるように努力することも大切です。

練習と試合の差は、「緊張感」です。また、質問のなかにもありましたが「ミスしたらどうしよう」という「不安」も心に大きく影響をしています。

すぐに取り組める方法としては、目標決めることです。一日(今日の)目標、今週の目標、今月の目標、今年・今シーズンの目標、最終的な目標などを決めて、実行していくことです。目標を達成することに集中できれば、緊張感も持てるはずです。

また、プラス思考にもなってほしいので「マイナスの口癖」を「プラスの口癖」に変えていくことも必要です。
調子が悪かったり、ミスをしたりしたときに下を向いているようであれば、胸を張ったり、上を向いたりして態度を変えることも必要です。行動を変えることで、考え方を変える方法です。

以上のように取り組みやすいものを紹介しました。ぜひ試してみてください。
またお気軽にご相談くださいね。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する