close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

トライアスロンを始めて、6年目です。3年目でアイアンマン洞爺湖挑戦し、15時間14分52秒で完走。 以後、毎年、アイア...

Question

トライアスロンを始めて、6年目です。3年目でアイアンマン洞爺湖挑戦し、15時間14分52秒で完走。
以後、毎年、アイアンマン参戦、毎年完走出来てますが、記録が短縮できません。
ラン、の補強が思うように出来ません。
函館のトライアスロンクラブには所属してますが、アイアンマンでのフルマラソンが6時間かかり悩んでます。
昨年の東京マラソンは、5時間6分位で完走。今年の東京マラソン(右脹脛の肉離れ治りきれず)参戦。
どうにかこうにか、6時間10分で完走致しました。
中野ジェームス修一さんが、考案された、『レイヤードトレーニング』で、体感等を鍛えて、アイアンマンファイナルのコナで完走したく考えてます。フルマラソンで4時間で完走出来るスキルの身に着け方を、お教え頂ければ幸いです。

Answer
石沢直之

石沢直之

パーソナルトレーナー&栄養コンシェルジュ

ご質問ありがとうございます。
まず、競技特性などを考慮すると、記録短縮の為に必要な要素が多岐に渡ること。また、実際には質問者様の身体機能の評価や体の使い方の評価等をした上でアプローチする必要がある為、必ずしもこの回答が適切なアプローチになるとは限らない事をご了承ください。

今回頂いたご質問から考えると、ランだけタイムが短縮できずに悩んでいることや、お怪我をされている事から、ランの際に効率よく安全な出力発揮が出来ていないのではないかと思われます。

どんなにトレーニングを行って体力面の強化をしても、上記の事が出来ていなければ、思ったほどのパフォーマンスの向上が期待できないばかりでなく、傷害などにも繋がる可能性がある為、是非一度そこを見直してみてはいかがでしょうか?

具体的にはまず、バーティカル(上方向)への安全で効率的な出力発揮を獲得し、そこからリニアフォワード(前方向)の安全で効率的な出力発揮を獲得していくと良いのではないかと思います。
あくまで一例ですが、いくつかドリルを紹介致します。

バーティカル(上方向)

シングル・スクワットジャンプ

マルチ・スクワットジャンプ

ポーゴジャンプ

リニアフォワード(前方向)

オルタネート・ポーゴ

バックフット マーチ・スキップ プログレッション

ミニマーチ・スキップ・ラン プログレッション

いかがでしょうか?
もし可能であれば、最初にもお伝えした様に、本来は身体機能の評価や体の使い方の評価等をした上でアプローチする必要がある為、一度専門家の方に評価をして頂いた上で、トレーニングやスキル習得をして頂く事をオススメ致します。

今回の回答が少しでも参考になれば幸いです。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する