close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

高校三年生でサッカー部です。 ポジションは、センターバックで、177センチ 68キロです。 今、選手権を戦っているの...

Question

高校三年生でサッカー部です。
ポジションは、センターバックで、177センチ 68キロです。
今、選手権を戦っているのですが、大学でサッカーを続けようと思っています。
それにあたり、大学入学までの間で、あたり負けない身体をつくりたいです。ウェイトトレーニングについては前回質問させていただいたので、今回は毎日続けると強くなれる体幹トレーニングなどを教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Answer
MUSTER研究所

MUSTER研究所

MUSTERアカウント

この度はご質問いただき、誠にありがとうございます。

サッカーのトレーニングに関しまして、トレーニングの専門家である今井氏が監修した記事がございますので、まずはこちらをご参考いただければ幸いでございます。

・【基礎はここから】サッカー選手のための自重トレーニング
https://muster.jp/course/1062/

Answer
石沢直之

石沢直之

パーソナルトレーナー&栄養コンシェルジュ

ご質問ありがとうございます。
質問者様の目的である、あたり負けしない強い身体を作る為の条件としては、
・適切な方向に効率の良い力発揮ができている事
・スタビリティ(安定性)があること
・身体の出力そのものが強い事
などが挙げられます。

今回質問者様からリクエストのあった体幹トレーニングは、「スタビリティ(安定性)があること」の部分に対してのアプローチになるかと考えます。

なので、まず非常に大切なのが、腹部がそもそも安定するアライメントであるかどうかという事です。具体的には矢状面(横)からみた時に、腹腔の上から蓋をする横隔膜と下の骨盤底の方から蓋をする骨盤底筋群が水平面上で前後の距離が等しい状態で、腹腔内圧(IAP)を高められる状態であるかという事を評価してみましょう。

もし、上記の状態でなければまずは横隔膜を使った呼吸からスタートし、腹腔内圧(IAP)を高められる状態を獲得し、腹部アライメントが崩れない様に配慮しながらフロントブリッジ、サイドブリッジ、ヒップリフトなどを行うと良いと思います。

いかがでしょうか?
今回ご紹介させて頂いたトレーニングは、当たり負けしない身体作りの為の1つの要素に過ぎず、実際には冒頭に説明させて頂いた全ての能力が必要不可欠となります。

質問者様がどこの能力を向上させる事が有効かという事を、専門家の方に一度評価して頂いて、適切な運動処方をして頂く事をオススメ致します。

今回の回答が、少しでもお役に立てれば幸いです。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する