close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

中学校に入ってからハンドボールを始めたばかりの娘を持つ母です。 学校の部活動で、週6~7日活動しています。 やっとハン...

Question

中学校に入ってからハンドボールを始めたばかりの娘を持つ母です。 学校の部活動で、週6~7日活動しています。
やっとハンドボールの動きにも慣れ、新チームになったところでポジション争いが現実として見えてきました。
先日、練習中に先生の指示で先輩とのシュート対決になり、図らずも勝ってしまったそうです。そのあとその先輩は先生と1対1で何か話をして、終わった後とても沈んでいらしたそうです。
娘としては同期生とのポジション争いは普通に想定していたことですが、よもや先輩とそういうことになろうとは全く考えていなかったようなのです。いつも優しく、とても仲良くしてくださる先輩のポジションを脅かすようなことをしてしまってもよいのか・・・と、とても悩んでいるようです。親としてどうアドバイスをしたら良いのでしょうか?ご指導よろしくお願いします。

Answer
石井聡

石井聡

スポーツメンタルトレーニング上級指導士

大事なお子様のことでご心配だと思います。
ポジション争いなど、競争というものは社会に出ても続きます。どちかというと、社会に出たほうが勝者と敗者は明確になります。

その時に大事なのが、自分自身をコントロールする能力です。

ここでは、先輩とお子さんの感情のコントロールやストレスの対処法がポイントだと思います。
そのためには、ポジティブシンキング(プラス思考:物事を前向きやプラス方向に考える)や目標設定に気づいて行動したり、考え方を変えたり、表情や態度を修正したりすることがポイントです。

一番気づいて欲しいことは、自分の気持ちや感情は、コントロールしたり選択(前向きか否定的)したりすることはできるが、他人(ここでは先輩)にはコントロールできない。
つまり、先輩のことをについて、いろいろ考えても気持ちや感情、態度、行動は変えることができません。

それよりも、お子様が今、何ができるのかを考える方が大切だとは思いませんか?
ここで、手助けになるのが目標です。お子様がどんな目標を持っているのかで、自分のやるべきことの優先順位が決まると思います。やるべきことが決まれば、上を向いて目標に向かって進めていくだけです。

実際面談した際は、話を聞きながら、できることをスモールステップで進めていきます。

また、ストレスについても対処をしないといけない可能性もあるので、保護者さんができる環境作りとして、下記のような内容を意識して欲しいと思います。
①話をしてきたら、話を聞いてあげる
②朝、おはようなど挨拶をきちんとおこない、話ができる環境を作る
③食事を一緒とり、会話ができるようにする
④体調不良を起こす可能性もあるので、栄養を意識した食べやすい内容にする
⑤あれこれしつこく聞かない。上にも書きましたが、話やすい環境がポイントで、声をかけてもよいが、プレッシャーやストレスにならないように意識をする
⑥楽しく過ごせるように意識する

上記のもの全てをする必要はありませんが、会話をしやすくて、過ごしやすい環境を意識して欲しいと思います。
ご家庭で取り組みやすいものを紹介させていただきました。
大変だとは思いますが、あたたかく見守ったり、サポートをしたりして欲しいと思います。

なにかあればいつでもご相談くださいね。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する