close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

大学2回生で硬式野球をやっています。 僕は小学校の頃からずっと投手をやらせてもらってきました。中学から高校に上がる時に...

Question

大学2回生で硬式野球をやっています。
僕は小学校の頃からずっと投手をやらせてもらってきました。中学から高校に上がる時にボールが硬式に変わり高校1年以来慢性的な肘の内側の痛みに悩まされてきました。(高校1年で手術:右肘過剰骨障害) 大学に入ってからも痛みが治まらず病院に行きましたが成長期に投げ過ぎだと言われました。 試合に出た後は肘の曲げ伸ばしがとても辛く、投球時にはトップから胸を張った瞬間に肘に痛みが出ます。 そこで、2つ質問があります。
1つ目は応急処置的な、投げる前後、日常の肘のケアのやり方。(痛み予防や痛みが出た時の対処方法)
2つ目は根本的な、肘に負担の少ない投げ方や体作り(股関節が硬いこと、肩関節が硬いことなど) 以上の二つの点について教えて頂きたいです。
長々と申し訳ありません、大好きな野球を痛みなく楽しくやりたい、ただそれだけです。よろしくお願いしますm(_ _)m

Answer
石坂貴司

石坂貴司

スポーツトレーナー、鍼灸師

現在の肘の痛みは過剰骨が原因の痛みではないということでしょうか。
もし過剰骨がまた発生して痛みが出ているのであれば、肩甲骨や股関節の機能が改善したとしても肘の痛みは残ってしまう可能性が高いですし、過剰骨が原因なのであればドクターと今後のプランをしっかりと話すべきだと思います。
残りの大学での野球生活を無駄にしないためにも、
現在の肘の状態をお近くの信頼出来る、病院で診察してもらうことが大切です。

過剰骨が原因でないのであればまた教えてください。

返信遅くなり申し訳ありません。
肘の痛みに関しては投げ方を改善したらかなり楽になりました!
しかし、投げてるときにもっと体が柔らかければ良いパフォーマンスができるのに。と思うことがたくさんあります。
なので、投手に必要な柔軟性を向上させるトレーニングを教えて欲しいです。
トップを作ってからからフォロースルーまでの動作で必要な柔軟性が特に無いと思います。全身固いです。

Answer
石坂貴司

石坂貴司

スポーツトレーナー、鍼灸師

返信ありがとうございます。
お身体の状態をチェックしていないので、細かく伝えることは難しいですが、野球選手に必要な胸椎のモビリティーエクササイズの一部をご紹介したいと思います。

1)上背部キャットバック
殿部の位置を変えずに、フォームローラーを前後に転がす
フォームローラーを押す

2)スフィンクス
手のひらで床を押す

3)90-90アームスイープ
上の足が開かないように行う
手だけではなく、胸から開くことを意識する
手を遠くに伸ばしながら行う

4)ブレッツェル1
上の足が開かないように、胸から開くことを意識する

※全ての種目において、呼吸を止め流ことなく、力まず8回〜10回行なって下さい。

是非、試してみて下さい。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する