close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

18歳で、高校卒業後1年間のダンススクールの育成コースにはいりレッスンをしています。 ただいまそのコースではジャズダン...

Question

18歳で、高校卒業後1年間のダンススクールの育成コースにはいりレッスンをしています。
ただいまそのコースではジャズダンス、テーマパークダンス、歌、演技、タップ、バレエを平日に2コマ受けていて、今は足の様子によって見学にしています。
そのコースに入る前より右膝の内側靭帯を伸ばしてしまっていたのですが、レッスンが増えていくにつれて治りかけていたのが悪化してしまい、ケアをしに整骨院には通っていたのですが、前十字靭帯も伸びたまたは切れてる可能性があると言われてしまいました。
オーディションが近いためそちらはテーピングをして受けようとは思っておりますが、
爆弾を抱えたくないため手術をできればしたいと思っております。

もし前十字靭帯が切れていなかった場合でも手術は可能なのでしょうか、
来年のオーディションも見据えて早く治したいのと新しくジムのトレーナーのアルバイトを始めたため早く色々な現場に復帰したく、半年程度は覚悟はしているのですが、復帰をするには最速で何ヶ月程度なのでしょうか。

そして動きを安定させようとスクワットなどを膝とつま先の方向を合わせてやっていますが軽く曲げただけでも違和感やポキポキと音がなってしまいます。スクワット以外でも安定させるために最適なトレーニングや食事などあったら知りたいです。

Answer
坂田幸範

坂田幸範

理学療法士、 スポーツトレーナー

質問ありがとうございます。

前十字靭帯損傷の可能性があるのですね。
早期に病院を受診しMRIを撮ることをお勧めします。
損傷の程度(半月板や他の靭帯損傷の合併など)や術式によって若干の違いはありますが、競技復帰には6ヶ月〜8ヶ月(場合によっては1年)かかると考えてください。
ジムのアルバイトですが、スタジオでのレッスンなどではなくジムエリアでのマシン指導などであれば2ヶ月程度で復帰できると思います。

前十字靭帯術後の経過一例を載せますので参考にしてみてください。(前十字靭帯単独損傷)
術後翌日:1/2荷重での歩行開始
術後1週:全荷重での歩行、膝関節関節可動域訓練開始
術後3ヶ月:ジョギング許可
術後4ヶ月:ランニング許可
術後5ヶ月:直線方向へのダッシュ許可
術後6ヶ月〜8ヶ月:方向転換と競技動作の許可
※あくまで参考程度なので病院の指示に従ってください。

前十字靭帯が切れていなかった場合は手術の必要はないと思います。
組織学的に問題がなく、それでも違和感や痛みなどがある場合は力学的な問題の可能性があります。
簡単いうと動き方の問題や外的負荷に対する組織耐性の低下などが考えられるため、考えられる力学的負荷を軽減させる動作や組織の強化が必要になります。

膝の安定性に関してですが、膝は屈曲伸展方向には動きますが、左右や回旋方向にはあまり動かない関節構造です。
膝の安定の為に大腿四頭筋やハムストリングスなど直接膝関節の制御に関わる筋群のトレーニングは間違いではありませんが、ダンスのように多種多様な動きを求められる場合は、股関節や足関節の動きも重要になってきます。スクワットはもちろん重要で、膝とつま先の向きを揃えるというのは間違いではありませんが、それだけでは不十分です。
同じスクワット動作でも足関節の背屈制限や股関節の屈曲制限、あるいは膝を優位に動かしてしまう動作パターンになってしまうと膝へのストレスとなりますし、動作自体を両脚接地で行うこと自体が少ないため、両脚でのスクワットができるようになれば片脚でもできるようにしていくことが重要です。
そしてそれは矢状面(前後)、前額面(左右)、水平面(回旋)など様々な方向で行うことができなければ機能的な動作とは言えません。
1つの動作パターンではなく様々な動作パターンを習得しましょう。

トレーニングに関しては動画の一例を載せますのでご参考までに。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する