close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

高校2年で陸上競技の長距離をやっている者です。 右足のオーバープロネーションがひどく 土踏まずや足首を痛めてしまうこ...

Question

高校2年で陸上競技の長距離をやっている者です。
右足のオーバープロネーションがひどく
土踏まずや足首を痛めてしまうことが多く
毎日しっかりと練習を積むことができません

オーバープロネーションを治すのには
専用のインソールが1番手っ取り早く治せると
聞きますが、それだと、アップ用、レース用、練習用、スパイク、とそれぞれ合わせるにはお金がかかってしまいます。

インソールの他にオーバープロネーションの
対処法を教ええてください
筋肉の弱ってるとこや、特徴的な動き方、
癖や筋肉の使い方を教えてください

それと、オーバープロネーションになってしまう
原因も教えていただくと嬉しいです

Answer
坂田幸範

坂田幸範

理学療法士、 スポーツトレーナー

ご質問ありがとうございます。

オーバープロネーション(回内扁平足)の状態になると足部アーチの低下(特に内側縦アーチ)を招き様々な障害を引き起こす原因となります。
主な例として、
・シンスプリント
・足底腱膜炎
・アキレス腱炎
・後脛骨筋腱炎
などの怪我に繋がると考えられます。

この障害は、先天的、後天的に足部の変型が招く症状であり、後天的なものの原因として、後脛骨筋機能不全(PTTD)、バネ靭帯損傷、足底腱膜断裂などがあります。
この中でも後脛骨筋機能不全は改善の可能性があると言われていますが、靭帯損傷などの場合やはりインソールやテーピングなど外的なサポートが必要だと言われています。

これ以外の原因ですが、重心の偏りや動作の偏りによる原因も考えられます。
例えば立位で重心を右に乗せていくと、右足のアーチは高まり、スピネーション(回外)になり、左足のアーチは下がりプロネーション(回内)となりますよね。
このような状態が通常の立位姿勢で、そこからランニングやスポーツ動作を繰り返すと負荷のかかる組織が損傷し様々な怪我に繋がると考えます。その中の1つがオーバープロネーションです。
この状態を修正するためには単に足部の合成を高めたり、足趾の運動だけでなく、右に偏った重心を左にも乗せれるように修正していかなければなりません。
これは本人には自覚がないことが多いので第三者に評価していただく必要があります。
同じ症状でも原因は様々です。必ずこれをすると治るというようなエクササイズや治療は実際に評価しないと中々見つからないものです。根本原因を突き止めなければ様々な怪我を招く症状ですので詳しい専門家に見ていただくことをお勧めします。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する