close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

社会人でレスリングをしています。競技歴は約10年です。 私の場合、フィジカルは強いのですが、スピードやテクニック等はイ...

Question

社会人でレスリングをしています。競技歴は約10年です。
私の場合、フィジカルは強いのですが、スピードやテクニック等はイマイチです。プレー中は力に頼りがちになってしまい、その負担のせいかは分かりませんが手首や肩などに慢性的な怪我を抱えています。また、力に頼りすぎて動きが大雑把になってしまうので、力に頼りすぎずにうまく動けるようにアジリティのトレーニングを取り入れようと考え、ラダーを入れるようになりました。

以前こちらのサイトで特集されていたアジリティの記事では、各競技の特性に合ったアジリティのトレーニングを入れるということが記載されていましたが、レスリングはダッシュ→減速→方向転換のような動作はなく(体を捻るようにして向きを変えるようなことはあります)、レスリングの特性に合ったアジリティのトレーニングというとピンと来ませんでした。

また、少し調べたところラダーはアジリティではなくクイックネスのトレーニングだという記載を見つけました。
アジリティとクイックネスは「速さ」という点で根本的には一緒だと解釈しているのですが、レスリングで「相手の動きに速く反応し対応する、反応の際になるべく速く自分の動きたいように体を動かせる」という点を強化したい場合はどのようなトレーニングがよいのでしょうか?
また、何かアドバイス等ございましたら、ぜひお教えいただきたいです。
よろしくお願い致します。

Answer
佐々部孝紀

佐々部孝紀

アスレティックトレーナー、S&Cコーチ、体育教師

こんにちは。
トレーナーの佐々部です。

股関節の動き方が肩の怪我に影響を及ぼす場合もあるのですが、その怪我の原因を細かく評価せずにただアジリティのトレーニングを行っても改善の望みは薄いかもしれません。
まずは病院で診てもらい、場合によっては他の専門家(理学療法士や怪我専門のトレーナー)に診てもらうのがいいでしょう。

ここに関しては様々な意見があると思うのですが「キャッチボールをやればキャッチボールが上手くなるし、ラダーをやればラダーが上手くなる」というのが私の意見ですので、私自身はあまり運動選手にラダーをやらせることはありません。

社会人レスリング選手ということで、練習時間が限られているかもしれませんし、レスリングの中で動きを改善するのが1番効率的かと思います。
しかし理想の動きが練習しても練習してもできないのであれば、もしかすると「筋力」「柔軟性」「バランス」「パワー」などの体力要素がそもそも足りないのかもしれません。
これはどれもラダーでは得られないものです。

一度上記のような体力要素がどの程度あるのかを専門家(トレーニング専門のトレーナー)に実際に見てもらうのもいいかもしれませんね!

最後の質問に対する回答も同様です。
また何かありましたらお気軽にご質問ください。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する