close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

相談内容 大学でラグビーをやっているフカダです。 今は3年生です 身長169cm 体重82です。 幼稚園からラグビ...

Question

相談内容

大学でラグビーをやっているフカダです。 今は3年生です 身長169cm 体重82です。 幼稚園からラグビーをやっており転校して中学で一回辞め高校でまた再開して今に至ります 。大学の練習は月曜以外練習しています。 今とても伸び悩んでいます 僕はとても筋肉があり、立ち幅.3段跳びなどの瞬発系も得意でお尻もデカイです。 パワークリーンも体重の1.5倍の125kg挙げます。 ウエイト系はソコソコ強いのですか、ラグビーのプレーは筋肉の割にイマイチです。僕よりウエイトを挙げない人の方が強かったり速かったりします。 もともと、スポーツがとても好きで、今よりも上に行きたくどうやったらパフォーマンスが向上するか常日頃Googleなどで検索してます。 今は身体の連動に付いて調べていて MUSTERさんにアドバイスを頂けたらと思い会員登録をしました。 何故、連動を調べ始めたかと言いますと、 もともと僕は身体は強いのですが身体の使い方は下手でした(バウンディング片足系) そこでさらに反動を使わないウエイトをやりこむことによってどんどん下手になって行ってると思います。 せっかく良かれと思っていた努力が空回りしている事に今頃気が付きとても残念です。 体の個々のパーツだけじゃなく、しっかり連動させて全身を使って勝負して行きたいです。 そこで、MUSTERさんに身体の連動トレーニングを教えて頂きたいです! ウエイトルームにメディシンボールなどいろいろな道具があります。

Answer
ダイス・ヤマグチ

ダイス・ヤマグチ

アスレティックトレーナー

初めまして。ご連絡ありがとうございます。
東京医科歯科大学アスレティックトレーナーのダイスです。
返事に時間がかかった事をお詫びします。

今回はラグビーでのパフォーマンスアップについての質問ですね。
パワークリーンなど、ウェイト系は得意で筋力もあるが実戦での強さ、速さはもっと良くなれるはずと感じている。身体の連動をどうすればよくできるか。

まず、ウェイトが強いということは素晴らしいことです。その強さは動きの基盤となるので身体の使い方、連動が上達した際に必ず役立ちます。なので努力が空回りし、残念だと思う必要は全くありません。絶対にウェイトが活きる時が来ます。

ただし、フィールド上での動き同様ウェイトもどのように行うか、というのも大切になってきます。
良い動きをするためには地面から跳ね返る力(地面反力、もしくは床反力と言います)をどこまでうまく使えるかが大切になります。いかに良い姿勢(力を伝えれる姿勢)で自身が発揮するパワーを正しい方向に出力できるかが地面から伝わる反力をうまく使う鍵となります。これを朝倉全紀さんというストレングス・コーチが非常にわかりやすくまとめている本があるので興味があれば下記URLにある本を読んでみるのも良いと思います。

著書:ムーブメントスキルを高める

次のURLにあるパワーポジションを身につけるドリルは動きにつなげていくための「良い姿勢」づくりのヒントとなるものとなります。このドリルを通して安定した「胴体」を保ちながら股関節を使える基盤を築きます。何かのヒントになればと思います。

https://muster.jp/collect/1/

大切なのはドリルの記事にもあるように自分の良い「感覚」を見つけていくことです。「形を真似する」ことが大切なのではありません。「良い感覚で動いた結果良い形での動きができた」というのが大切です。ドリルの中で肩や腰、膝に力みがなく気持ちよく力を伝えられる感覚を見つける作業が大切になっていきます。

基盤となるパワーポジションが身につけられるようになったら様々な動きのドリルを行い、「正しい方向」への出力を身につけていきます。基本的に人間の動きは上下、前後、左右に分けられます。上下の動きをうまくできるようになれば、それを前後、左右の方向に正しく出力できるようになれば良いだけです。そう考えるとあまり複雑ではありません。

下のURLには様々な動きのドリルの動画が載っています。先ほども挙げた朝倉全紀さんが作られたもので、的確な説明も入っているのでご覧ください。

参考:ドリル動画 https://www.youtube.com/user/functionaltraining/playlists

多くの動画があるのでどこから手をつけようか迷った場合、下のURLにある13種類のドリルをやってみてください。加速、減速、方向転換につながる比較的難易度の高いドリルです。行ってみながら自分で動画を見て自分の動きと動画の動きを比較して見ましょう。その中で特にできない動きに繋がりそうなドリルを上にあるURLから見つけて行っていくのが良いかと思います。

参考動画:https://www.youtube.com/playlist?list=PLHHfLYXGa12NO2sUudyRCjRiS4fdrYMJb

恐らくこれだけの説明と動画を見てもわからないことは多く出て来るのではないかと思います。その時には冒頭で挙げた本を読んで見て、またここで質問をください。

また、朝倉全紀さんは動きを良くするためのスクールも立ち上げています。
https://school-of-movement.org/course/mof/

ここで直接指導を受けるのも良いと思います。

正しく行えば動きは絶対に良くなります。また何かあれば連絡くださいね。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する