close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

高校一年で野球をしています。 始めて7年になります。 ピッチャーをしていて、コントロールが武器なのですが、高校でエー...

Question

高校一年で野球をしています。
始めて7年になります。
ピッチャーをしていて、コントロールが武器なのですが、高校でエースとなると私学の高校に勝とうと思うとそれだけでは…と思うので、球速とキレが欲しいです。
腕と足腰の強化の方法と股関節、肩甲骨の柔軟性を出す方法を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Answer
吉岡優太

吉岡優太

Hearts Bridge代表 パーソナルトレーナー、ストレングス&コンディショニングコーチ

ご質問ありがとうございます。
パーソナルトレーナーの吉岡です。

球速とキレを高めたい…という事ですね!
ご自身の武器を知り、分析し、その答えに行き着いているところが素晴らしいですね。

ご質問いただいた内容にお答えしていきたいのですが、まず前提として腕と足腰の強化は厳密にどの部分なのか、股関節や肩甲骨周辺の柔軟性を出すという事はどの方向に対してか…などご質問者様の体をチェックしないと明確な答えは出せません。
その為、一般的にこの部位が該当する可能性が高いのではないかという答えになる事をご了承ください。

1)ももの前・裏の柔軟性獲得、肩甲骨周辺の運動パターン改善

①壁に片手をつけ、片足を持ち上げる。
②壁を押しながら股関節から体を3カウントで曲げる。
③体のラインが床と平行になるまで降ろす。1カウントストップ(持っている足の方のお尻が上がらないように)
④3カウントで体を戻す
⑤逆足も行う、リズムよく6回×2~3セット行う。
※体がブレないように行いましょう。

2)お尻、背中の柔軟性獲得、肩甲骨周辺の運動パターン改善

①壁に片手をつけ、片足を後ろにクロスする。
②壁を押しながら股関節から体を3カウントで曲げる。
③お尻が伸びる位置まで股関節を引いて、1カウントストップ
④3カウントで体を戻す
⑤逆足も行う、6回×2~3セット
※体がブレないように行いましょう。

3)足とお尻の強化

①仰向けになり、片足の膝を持ち上げる。
②両手は膝を押し、膝は両手を押す。
③床においた方の足首は立てて、かかとで地面を押しながらお尻をあげる。
④お尻を上げた状態で10秒キープする、もしくは上げて下ろすを繰り返す。
⑤10回×2~3セット行う。
※体がブレないように行いましょう。

以上です。
参考にしていただければと思います。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する