close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

サッカーを始めて3年が経ち、5年生になって初めてふくらはぎが痛いと言い出しました。すぐに痛みは消えるみたいで少し休んで痛...

Question

サッカーを始めて3年が経ち、5年生になって初めてふくらはぎが痛いと言い出しました。すぐに痛みは消えるみたいで少し休んで痛くないと練習に戻っていきます。大きな怪我に繋がらなければいいのですが、中々病院にも行きたがらないのでどんな危険性があるのかだけでも知っておいた方がいいですか?

Answer
武田 康志

武田 康志

スポーツ整形外科医

こんにちは!
ご質問ありがとうございます。

ふくらはぎの痛み、心配ですね。

まずは筋肉に圧痛(押して痛い)があるかを確認してください。筋肉自体に圧痛があれば筋肉のトラブルの可能性が高いです。筋肉のトラブルは筋肉の炎症の場合と肉離れの場合があります。
-炎症と肉離れの見分け方-
(これは私自身の現場で使用している見方です。正式にはMRIを撮影しないと確実な診断できまないことを予めご了承ください。)

筋肉を外部からみる方法は、3つの指標があります。
①筋肉の圧痛があるか。 ②筋肉のストレッチ痛があるか。 ③筋肉の収縮パワー(力が入るか)がどの程度かです。

このうち筋肉の炎症でも肉離れでも①と②はどちらも認めます。鑑別に役に立つのは筋肉の収縮パワーです。しかし実際に現場では測定することは困難ですので 次の指標をまずみます。
まずは片足でのカーフレイズ動作を左右行います。カーフレイズとは、立った状態でかかとをあげてつま先立ち・下ろしを繰り返す動作のことです。
健側と同じ高さで20回出来ていれば問題ありません。しかし踵の高さが明らかに低い場合や、テンポがゆっくりでしかできない場合は医療機関を受診するべきでしょう。

なにかあればまたご質問くださいね。くれぐれも無理はしないように!

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する