close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

中学2年女子の娘が陸上をやってます。 スタートで体が起きてしまいます、改善したいのですが何か良い練習方法はありませんか...

Question

中学2年女子の娘が陸上をやってます。
スタートで体が起きてしまいます、改善したいのですが何か良い練習方法はありませんか?

Answer
佐々部孝紀

佐々部孝紀

アスレティックトレーナー、S&Cコーチ、体育教師

こんにちは。
トレーナーの佐々部です。

スタートのときのフォームのことなので、まずは陸上の専門のコーチの方に練習方法を伺うのがいいと思います。

その練習でも改善できない場合、身体の機能(筋力や柔軟性)の不足に原因があるかもしれないので、プラスでトレーニングを行ったほうがいいかもしれません。
ただ、その原因も人によって異なります。
直接動作を見たり、筋力や柔軟性をチェックしているわけではございませんので、ご参考程度にお考えください。

①腹筋の筋力不足で上体がのけぞってしまっている場合
→フロントブリッジなどに代表される、体幹の前面の筋力強化を行いましょう。

②股関節の伸展の動作がうまくできず、腰の反りも伴って脚を後ろに蹴ってしまっている場合
→ヒップリフトなどの股関節伸展のトレーニングを行いましょう。

トレーニングも正しいフォームで行わなければ逆効果になることもありますので、トレーニングを行う場合はトレーニング指導者に直接見てもらうのをおすすめします!

Answer
石坂貴司

石坂貴司

スポーツトレーナー、鍼灸師

ご質問ありがとうございます。
回答させて頂きます。
スタート時に体が起きてしまう原因に、足関節の背屈の可動域制限が考えられます。
足関節背屈の可動域制限が起こることにより、脛が前に倒れません。
そのため体が起きてしまうのではないでしょうか。
地面に対して脛がどちらへ向いているかにより、力のベクトルは変わってきます。
前方に進みたいのであれば脛は前に倒れなければいけませんが、足関節の可動域制限があると、上方向にベクトルが向き、体が起きてしまう原因となります。
まずは足関節の可動域制限のチェックを行ってみてください。

チェック方法:右足の可動域制限をチェックする場合
①左足を前、右足を後ろにし、一直線に揃える。(左足の踵に右足のつま先が触れるように)

②両足の足底を地面につけたまま、膝を曲げる

③左の内くるぶしを膝が通過するかを確認

通過しないまたは、足関節の詰まり感、下腿部の張り感が起こる場合は足関節の背屈可動域制限が起こっています。
また結果を教えて下さい。

ありがとうございます。
可動域チェックしてみたいと思います。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する