close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

高校3年生でカーリングをしています。 コーチの方にカーリングの実技指導はして頂いているのですが、筋トレの指導などはなく...

Question

高校3年生でカーリングをしています。
コーチの方にカーリングの実技指導はして頂いているのですが、筋トレの指導などはなく、最近独学で始めました。(現在4ヶ月目)
ある程度筋肉がついてきたとともに、体脂肪率少し上がってきたので減量(体脂肪量を減らす)をしようと思います。
方法は、山本義徳先生の「脂肪酸とケトン体」という本の中で説明されているケトジェニックダイエットをしようと思います。
本書ではケトーシスになれば糖新生はあまり起きず、筋肉の分解も少ないと書いてあるのですが、スポーツをする上でケトジェニックダイエットは行っても大丈夫なのでしょうか!?

Answer
吉村俊亮

吉村俊亮

スポーツ栄養学・パーソナルトレーニング

ご質問ありがとうございます。

ケトジェニックダイエットはPFC比30:60:10にして行うようですが、本当にこの方法で実践できたとしたら、おそらくパフォーマンスを下げることになるかと思います。
確かに糖質からのエネルギーが無くなればケトン体をエネルギーとして活用しますが、日々の生活やトレーニングで消費した糖質を補わなければ、傷ついた筋肉の修復や運動時に重要になる筋グリコーゲン・脳グリコーゲンを補うことができません。
結果的に疲れやすくなったり、筋肉の消費に繋がることが予想されます。
スポーツ選手にとっては、あまりおすすめはできないかなと思います。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する