close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

柔道をしています。8年くらい前に左肘(腕尺関節)を脱臼しました。整復してリハビリして3ヶ月くらいで競技に復活しました。し...

Question

柔道をしています。8年くらい前に左肘(腕尺関節)を脱臼しました。整復してリハビリして3ヶ月くらいで競技に復活しました。しばらくは痛みなくできていたんですが、最近、痛みが強くでるようになりました。関係がはっきりしませんが、運動していないときに、肘付近の筋肉がピクピクと痙攣する事がたまにあります。柔道は、左組で背負い投げをよくやります。痛みなく競技をするためには何をすれば良いでしょうか?

Answer
武田 康志

武田 康志

スポーツ整形外科医

ご質問誠にありがとうございます!
以下難しい言葉が多いですが、早速回答いたしますね。

この情報だけですと、怪我をしたときの合併損傷があるかないかなどが不明な為、明確な回答は難しいのですが、通常肘関節の脱臼は過伸展位での後方脱臼が現場では多く経験します。

後方脱臼の際に内側側副靭帯(肘内側の靭帯)の損傷が起きますが、損傷程度は症例により異なり、その後の経過が変わります。
また肘にある尺骨の鈎状突起の骨ダメージがどの程度であったか(脱臼の際に起こる骨ダメージは少ないことが多いのですが)症例によってはズレが少ない鈎状突起骨折が合併するものもあります。

今回の質問内容から、痛みなく競技復帰出来ていたことをそのまま受け取り、内側側副靭帯(肘内側の靭帯)の損傷や鈎状突起の骨ダメージも最小限であったと考えた場合、痛みの原因としては8年経過して変形性肘関節症が徐々に発生してきた為、もしくは背負い投げをする際に肘が強制的に伸展されて起こる尺骨肘頭部分の骨棘が徐々に大きくなり、肘が伸展した際に刺激され疼痛発生している状態が起きてきたのではないかとも考えられます。

いずれにしても一度肘の評価を医療機関ですべきと考えます。なお、肘周囲の筋肉の痙攣については現段階では何とも言えないのが正直なところですね。
痛みなく競技するためには医療機関で肘を診せる事をお勧めします。

難しい表現が多くなりましたが、なにかあればまたご質問ください!
無理はダメですよ!

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する