close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

大学二回生で陸上競技中長距離をしています。足底筋膜炎になっています。1年ほど状態が良くなりません。トレーニングはエアロバ...

Question

大学二回生で陸上競技中長距離をしています。足底筋膜炎になっています。1年ほど状態が良くなりません。トレーニングはエアロバイク、パワーマックス、痛みのない範囲でウォークやジョグを行なっています。 ケアは整骨院で治療、超音波、テーピング、セルフでの筋膜リリース、周囲筋のストレッチ及びマッサージを行なってます。
それでも状態が良くならないので、どうすればいいかアドバイスをいただきたく質問させていただきました。
今考えているのはケアはある程度できているので逆に3日に1回のペースなどで走って筋肉をつける、慣れさせるようにしようと思っています。

Answer
坂田幸範

坂田幸範

理学療法士、 スポーツトレーナー

ご質問に回答させていただきます。
足底筋膜炎でお悩みなのですね、私も学生時代に足底筋膜炎を経験したことがあるのでよくわかります。

しっかりとケアをされているようなのでそのあたりに関しては問題ないかと思いますが、もしかするとケア自体が炎症に対するものであり炎症を引き起こす原因となっている動作やアライメントなどが改善されていないために慢性的な状態になっているのかもしれません。

すこしわかりやすく例をあげると、雨漏りをしている建物で、柱が歪んでいる事が原因なのに雨漏りを雑巾で拭き続けているようなものです。
この場合柱を治さない限り雨漏りは収まりません。
雨が降らなければ雨漏りはしないけど雨が降れば再び雨漏りしてしまうでしょう。

実は質問者様にも同じような事が言えます。
炎症に対するケアはしっかりできており、安静にしていれば痛みは消えるかもしれませんが、走ると痛くなる。先ほどの雨漏りのを考えると走る動作に原因があるかもしれません。さらに言うと基礎的な動作に問題があるかもしれません。

実施に見ていないので細かくアドバイスはできないのですが、可能な範囲でお伝えさせていただきます。

・足部の状態は適切か
足部の構造的な問題はないか(足部のアーチ低下など)
可動性は十分にあるか
安定性は十分にあるか
 
・股関節の機能は十分か
股関節の可動性は十分にあるか
衝撃の吸収や力の発揮を上手に行えるか

・バランス機能に問題はないか
片足でのバランスは適切か
バランスをとるために体を固めすぎていないか

など様々な要素が考えられます。

走る動作は常に片足の状態ですので片足でのバランスが悪ければ常にどこかが代償してしまい負荷をかけ続けてしまいます。
その結果が足底筋膜炎になった可能性もあります。

片足でのバランスエクササイズを行った際に足裏が疲れるという方が多くいらっしゃいますがこれは足部優位でバランスを取ろうとしている結果になります。
こういった方は股関節や体幹部分などでバランスを取れるようになると足部の負担が減るため股関節や体幹機能を鍛える必要があります。

痛みを抱えたまま負荷をかけるのは得策とは言えないので私はお勧めしません。
まずはご自身の足でしっかりと地面を捉え体を支えれるようトレーニングしてみてください。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する