close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

サッカーの指導しています。主に小学1~2年生を指導している中、子供の意識が習い事ではなく自分でスポーツをやるものに変化し...

Question

サッカーの指導しています。主に小学1~2年生を指導している中、子供の意識が習い事ではなく自分でスポーツをやるものに変化してきてます。それは、子供にいい影響なのか疑問です。
それが、大人の押しつけになってしまてるのか不安です。良く使う言葉で、「サッカーは、誰がやるの」問いかけます。この言葉ははたして良いのでしょうか?

Answer
石井聡

石井聡

スポーツメンタルトレーニング上級指導士

子供の指導は、いろいろと大変だと思います。特に小学校の低学年は、指導者にパワーが必要ですね。私も小学校生を指導する時は、かなりのパワーを使っております。

さて、ご質問の件ですが、的確な回答になっていないかもしれませんが、答えていきたいと思います。
また、できるだけわかりやすうように回答したいと思いますが、文章だけだと受け取り方で印象が変わってしまいますので、よい方向で考えて下さい。

まず、子供を預ける保護者についてです。
保護者は、スポーツについては素人です(中には専門的に行っていた人も稀にいますが)。
子供には、体力や運動能力を身に付けて欲しいと思いスポーツクラブに預けます。
中には、コミュニケーション能力の向上や競争心を身に付けて欲しいと思う保護者もいると思います。サッカーでトップ選手になって欲しいという保護者の方は少数派だと思います。

ただ、当然「プロで活躍できるかなぁ」とささやかな夢を思い浮かべている方もいらっしゃると思います。しかし、プロの下部チームだと少し様子は異なるかもしれませんね。

いろいろな保護者の方がいらっしゃると思いますが「プロになるかなぁ」という夢は持っていても、基本的は子供の健康作りが第一だと思います。また、スポーツについては素人なので、特別な思いを持って預ける人は少ないはずです。しかしながら、東京オリンピックが決まり、日本代表チーム・選手の勝敗がマスコミでクローズアップされ、勝つことが第一になってくる可能性は大きいと思います。これは、ジュニアスポーツにとっては、あまりよい影響を与えないと思います。

「スポーツは、誰がやるのか」ということですが、小学生にこのような高度な質問をしても、回答は返ってこないと思います。

子供たちは、「サッカーが好き」とか「友達がいるから楽しい」「シュートが決まって楽しい」「両親が行けと言うから」という回答、または「練習に行くのが習慣になっているから」だと思います。小学校高学年になれば、憧れの選手なども明確になり、目標をいえる選手も出てくると思いますが、少数派だと思います。あまり深く考えないで、サッカーをしているのだと思います。

子供たちよりも指導者側がサッカーを通じて何を指導するかです。
発育発達に応じた指導をする必要がありますし、一人ひとりに合った指導をしていく必要があります。

子供はサッカーの素人、保護者も素人、指導者だけが専門家なわけですから、成長に応じた練習計画を立てて指導をしていく必要があると思います。

よく「体育は嫌いだがスポーツは好き」という子供がいます。これは、スポーツを楽しむことが主ではないことも原因の一つです。「サッカーは好きだが、クラブには入らない」という子供もたくさんいます。

つまり、子供が主役ですが、指導者が何を指導するか?どんなふうに導いていくのか?がとても大切です。子供の考え、保護者の思いも重要ですが、クラブの理念、指導者の哲学もとても重要です。

子供たちの未来を見据えて、今何が必要かを考えて指導に取り組んで欲しいと思います。
さいわいにして、サッカーには協会が出している指導指針など参考になるものがありますので、成長と個に応じた指導についてビジョンを持って取り組んで欲しいと思います。

具体的に表現をすると問題になることもあるので、文章で答えるのと曖昧な表現になってしまい、こんな感じになってしまいます。

 多くのジュニアの指導は、選手の自立と指導の放任を間違っている方が多くいらっしゃいます。プロ選手や代表選手クラスさえ、自立しようという話がよくあります。子供は、小さい大人ではありませんので、よい成長の手助けをしてあげてください。

ありがとうございます。参考になりました。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する