close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

高校1年生でハンドボールをしています。同級生の間でチームハンドボールノートを書こうと考えています。 チームで1冊のノ...

Question

高校1年生でハンドボールをしています。同級生の間でチームハンドボールノートを書こうと考えています。
チームで1冊のノートです。日替わり当番制にして書くということを考えていますが、他にもっと良い方法はありますか? また書く内容としてオススメなものがあったら教えてください。

チーム事情は1年生10人。 経験者は2人です。

Answer
河津慶太

河津慶太

学術協力研究員(スポーツメンタルトレーニング指導士)

こんにちは,河津です。ご質問ありがとうございました。内容拝見させていただきました。
これからいくらでも伸びそうな状況ですね。楽しみなチームです。

さて,早速ですが,質問に関するお話をしていきましょう。
まず,もう少しノート導入の目的などを明確に教えていただきたいです。

チームで一冊ということなので,おそらくチームワーク向上が狙いだと思うのですが,チームワーク向上といっても具体的にはいろいろあります。メンバー同士がもっと仲良くなってほしいのか?チーム練習をもっとスムーズに行えるようになりたいのか?経験者の知識を単純に共有したいのか?

また,質問者様が既に何かチーム内に問題だなと思っていることがあって,「それを解決したい」などの問題提起でも構いません。

とにかく,もう少し具体的な狙い,もしくは思いがわかれば教えていただきたいと思います。

選手一人用練習ノートの場合,ノートの狙いや目的別にこんなつくり方があるよ~ということを書いた記事もありますのでこちらもご参考にされてください。

参考:目的別で解説する効果的な「練習ノート」の書き方

この記事に載せているような,「こうしたい!」という具体的な目的が明確になるとより良いノートが書けると思いますので,ぜひご検討されてみてください。

最後にこちらがお尋ねしたいことをもう一度書いておきます。

「今のチームがどうなって欲しくてノートを導入するのか?」この質問にまずは答えてみてください。このQ&Aであと何回かはやり取りができますのでよろしくお願いいたします。

返信・お褒めの言葉ありがとうございます。

ノートを導入する目的は"チーム内でそれぞれの練習に対しての意識を共通認識として持つ"ことです。

自分の中学時代の話ですがこんなことがありました。 部活動を真剣に勝ちにこだわってやりたい派とサークルのように勝ち負けに特別こだわらずゆったりと楽しみたい派に別れてチーム内分裂を起こしてしまいました。引退試合ギリギリでチームはまとまりましたがまとめるのはとても大変でした。

現段階のチームでは分裂するとは思いませんが、中学時代の失敗経験もあり、早めに対策しておきたいです。そのためにノート導入で個人個人がどんな気持ちで練習に臨んでるのかをチームで確認したいです。

絶対にチーム内分裂は防ぎたいです。その上でさらにチームワーク、チームスキル、練習のモチベーション向上がノートをきっかけに狙えたら良いと考えています。

Answer
河津慶太

河津慶太

学術協力研究員(スポーツメンタルトレーニング指導士)

河津です。返信が遅れて申し訳ありません。

ノート導入の目的,確認いたしました。
まずはチーム内のメンバーそれぞれの練習に対する意識,ひいては部活動をどのような意識で行っているかの確認が第一の目的になりそうですね。

チームワークやモチベーション向上はのちのちと考えておくのがよいでしょう。

まずはメンバーの認識の確認,共有にじっくり時間をかけて取り組むのが良いでしょう。
なぜならそれが一番難しいことだと私は考えているからです。

なので,「みんなの部活動に対する認識の共有」を目的として効果的なノートの使い方を考えていきましょう。

まず一つ目は「できるだけ本音を引き出すこと」です。

みんながみんな周りを気にして耳触りのいいことだけ書いてもあまり意味がありません,本音をぶつけることの方が大事なことだと私は思います。

しかしながら本音をぶつけることは簡単なことではありません。

メンバー同士がどの程度本音を言い合える仲なのかがわかりませんがどうでしょうか?
面と向かって言えないことでもノートにならかける?本当にそうでしょうか?

とにかく一度やってみないとわからないとは思いますが,まずはあなた自身のチームに対する思いやノートへの期待を飾らずに書きましょう!それをまずメンバーに見せることがメンバーの本音を引き出す第一歩です。

自己開示という言葉があります。これはつまり自分の本音をさらけ出すことですが,相手の自己開示を促したいときはまず自分が自己開示することが大事なのです。

二つ目は「チーム目標の記入」です。

新チームになったのなら,まずそのチームでの目標を立てて共有する必要があります。

おそらく質問者様は勝ちにこだわって真剣にやりたいのではないでしょうか?
だから,チームワークやモチベーションの向上を狙っているのでしょう。

ならば,仮にでもいいので一度チームでの目標をはっきりしておいた方が良いと思います。

みんなが自分と同じ目標に向かってくれるかわからないからノートを使ってみんなの気持ちを知りたいということもあると思いますので,みんなでまず目標を立てることが難しいと思うなら,自分が思うチームの目標でもいいので決めてノートに書いておくことをお勧めします。

チームとしてはここを目指したい!そのためにこのノートを書くんだというノートの意味もよりはっきりすると思います。この辺は自己開示に近い部分があると思います。

三つ目は「普段の練習でのコミュニケーションの活性化」です。

これは一つ目の本音を引き出すことへもつながっていくと思います。
普段の対面でのコミュニケーションを活性化することでノートへの記入を促せることができると思います。

当番制ノートも結局は選手間のコミュニケーションの一つです。なので,それだけやっとけば良いというものではありません。普段からよくしゃべらない奴らのためにノートを書く気になんてなれないし,何かいたらいいかもわかりませんよね?

普段の選手間の対面コミュニケーションも活発になるよう工夫しておいた方がよいと思います。

そうすれば相乗効果でどちらもより活性化していくと思います。

いかかでしょうか?あとは辛抱が大事です,これらのことを始めたからと言って変化がすぐに起きるとは限りません。特に心理的な側面はなおさらです。

これらのことを参考にされて辛抱強くノートを運用してみてください。
また何か質問や,問題等があれば遠慮なく聴いてください。

ありがとうございます! 試していきたいと思います!自己開示…とても勉強になりました!

また困ったとき質問、相談させてください。そのときもまた力を貸してください。よろしくお願いします。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する