close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

20歳男です。 約二ヶ月前からジムでウエイトトレーニングを始めました。ジムに行く頻度は大体週2~3回です。 初心者と...

Question

20歳男です。
約二ヶ月前からジムでウエイトトレーニングを始めました。ジムに行く頻度は大体週2~3回です。
初心者ということもありBIG3を中心行っているのですが特にベンチプレスの際、左右での力の差を感じます。(私は右利きで左腕が遅れて上がってくる。)
このような場合左右差を無くすためのトレーニングのコツやお勧めのトレーニング方形、種目等はありますでしょうか?

Answer
山村勇介

山村勇介

コンディショニングトレーナー

ご質問ありがとうございます。

週2~3回、ウエイトトレーニングの実践、そしてビッグスリーを中心としたプログラム、とても素晴らしいですね!

さて、ベンチプレスの左右差について、よくわかります。

もし、スポーツをされていて競技力向上が目的であれば、左右差が必要な場合もありますが、一応、左右差をなくす、ということを目的とした場合の実践できる簡単なアドバイスをさせていただきますね。

対処法として、シンプルに、ベンチプレスを終えたあとに、
(左側のみ負荷を上げて)ダンベルプレス→ダンベルフライで追い込んでください。
ベンチプレスの前に左側だけ追い込む方法もありますが、安全性を考慮するとおすすめできません。
上記の方法はすぐにトレーニングに応用できると思います。

それと、ここからはあくまでも余談です。少し理解し難いと思いますが、本質的には、身体の左右の機能は違いがあるのが当然です。
体幹深部、特に、難しいのですが専門的な呼吸のエクササイズ(横隔膜のトレーニング)を行い、横隔膜を鍛え、左側の肋骨が開きっぱななし(外旋)にならないように、また同時に、右側の肋骨周辺の柔軟性や、右側の大胸筋、小胸筋などの筋膜リリースなどを行い、体幹の機能を正しく向上させていくと、広背筋や大胸筋の協調など、ベンチプレス時の左右差は減少していきます。
ただしこのあたりは詳しい専門家に実際に指導を受けながらやるのがベストなので、もしお近くにいらっしゃれば相談してみてください!

まずは、実践できるものから取り組まれてみてくださいね。応援しております!

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する