close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

高校2年生でバスケットボールをやってます。 競技歴は6年です。 速攻の時にロングパスを、強く、山なりになりすぎず、距...

Question

高校2年生でバスケットボールをやってます。
競技歴は6年です。
速攻の時にロングパスを、強く、山なりになりすぎず、距離をとばしたいです。
強く長いパスを出すための筋トレの仕方を教えてください。
トレーニングの環境はそんなに良くありません。
ダンベルや丸い重り、バランスボールなどしかありません。
よろしくお願いいたします。

Answer
山村勇介

山村勇介

コンディショニングトレーナー

ご質問ありがとうございます。

ロングパスが山なりになるということは、総合的にパワー(筋力、スピード)が足りないことが考えられます。
高校2年生ですので、段階的にしっかり筋力トレーニングに励んでください。  

道具が少ない環境でも「ダンベル」を使用したウエイトトレーニングや、「自重トレーニング」を活用すれば十分対応できます。

下肢、臀部、体幹、などバスケットでも重要な筋群をしっかりトレーニングしつつ、広背筋・大胸筋・三角筋等、上肢の大筋群も鍛える必要があります。

トレーニングの種類としては、

・ダンベルフライ(上肢)

・ベントオーバーローイング(背部)

・スクワット

・デッドリフト

など、まずは基礎的なエクササイズをきちんとこなすことが重要です。
もちろん、走り込みや、チームで取り入れている筋力トレーニングも大事ですので、プラスアルファで個人トレーニングを積み重ねてください。トレーニングをはじめても、すぐには結果は出ませんが、3年生になった時、課題を克服し、試合でどの程度活躍できるかは、今の時期にトレーニングをどれだけ地道に継続できるか、にかかっています。

活躍する新しい自分の姿をイメージしながら、トレーニングに取り組んでみてくださいね。

応援しています。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する