close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

自分は大学で野球をやっていて、この1年が最後の年です。練習は火、水、金、土、日で練習があり、火、金が5〜6時間くらい土日...

Question

自分は大学で野球をやっていて、この1年が最後の年です。練習は火、水、金、土、日で練習があり、火、金が5〜6時間くらい土日は9〜17時までで昼1時間弱の休憩でやっています。トレーニングは火、金はパワークリーンとジャンプ系など瞬発系のトレーニング、水、日でベンチプレス、肩周りなどの上半身のトレーニングをやっていて、下半身はランニングがかなりありケガが怖いのでやっていません。パフォーマンスをもっとよくするために他にどんなトレーニングをしたらいいか教えて下さい。

Answer
ダイス・ヤマグチ

ダイス・ヤマグチ

アスレティックトレーナー

初めまして!東京医科歯科大学アスレティック・トレーナーのダイスです。
質問ありがとうございます!

野球でのパフォーマンスをよくするためにどうすれば良いのか、ですね。
普段のトレーニングは瞬発系のトレーニングと上半身のトレーニングがメインということですね。ランニングでは結構な時間走るのでしょうか。”ケガが怖い”ということなので以前も何か怪我をした経験がありますか?気になるところではあります。

とりあえず現時点で怪我についてはわからないので今回得た情報を元に質問者様の”野球のパフォーマンスアップ”についていくつか考えを書かせていただきます。

まず野球といえば、”投げる”ことと”打つ”ことがメインとなるスポーツですね。
この”投げる”と”打つ”に共通するのが回転(または回旋、ローテーション、スピン)という運動になります。そして回転運動を行うためには地面の力を効率よく使うことが大切になってきます(これは陸上で行う競技であれば全てに当てはまる話ではありますが)。つまり、下半身の使い方が大切になってきます。

ランニングは下半身の持久力強化トレーニングのひとつとしては良いですが、それのみでは野球におけるパフォーマンスの向上には繋がりにくいはずです。ジャンプ系の瞬発力のためのトレーニングは行なっているということなので、その瞬発力を回転力に変えていくためのトレーニングを考えていきましょう。

そこで、まずは怪我なく下半身を使えるようになるための準備として下の5つの記事を参考に”パワーポジション”と”スクワット”における良い感覚を身につけてみてください。

動画:バルーンブリージング
動画:バランスボール・ランバーロッキング
動画:バンドウォールプレス
動画:ゴブレットスクワット
動画:スクワット

一通りこれらのエクササイズを行ったあとは、僕が以前テニスをされている方に回答をした次のQ&Aを参考に、回転力を上げるために必要な柔軟性と体幹の安定性の強化、そして床からの力を下半身と体幹を通してボールに伝えるためのトレーニングを行ってみてください。

参考:https://muster.jp/qa/187/

このQ&Aの最後にあるメディシンボールスローのみだと野球の投打における上半身の使い方、もしくは下半身から上半身までの力の伝え方が多少異なるので余裕があるようでしたら次の動画にあるローテーショナル・チョップというエクササイズを行ってみましょう。

rotational chop

いかがでしょうか。
様々なエクササイズを紹介しました。それに従い様々な道具も登場しますが、身近にあるもので代用しながらチャレンジしてみてください。
もし不確かな部分や、できないことなどあればまた連絡くださいね。

ダイス

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する