close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

中学校でサッカーの指導をしています。 今中学3年生の子が高校でもサッカーを続けたいと言っているのですが怪我をしにくい身...

Question

中学校でサッカーの指導をしています。
今中学3年生の子が高校でもサッカーを続けたいと言っているのですが怪我をしにくい身体をつくるためにはどうしたらいいですか?詳しい回答をお願いします

Answer
山村勇介

山村勇介

コンディショニングトレーナー

ご質問ありがとうございます。
選手の身体や将来を非常に大事にされていますね、選手は幸せだと思います。

大事な視点として、「セルフケア」の重要性を見落とさないことです。

中学生3年生だと、成長期で身体のサイズが変化していく時期ですし、トレーニングや練習で少々無理がきくと思います。
しかし、サッカーは激しい当りのスポーツであると同時に下肢の筋群や関節の負担の大きいスポーツでもあります。
仮に今ケガや故障がなかったとしても、疲労は日々蓄積しています。

ですから、まず、トレーニングや練習後のセルフケア(マッサージ、ストレーチ)を日々「習慣」にすること。特に、下腿部(ふくらはぎ)や太ももの筋肉(表側、裏側、外側側)をこまめにケアされてください。

その上で、やはり、下肢の動きの原動力となる体幹部はもちろんのこと、基礎的なエクササイズ(例えば、ベンチプレス、デッドリフト、スクワットの基本種目や、バーベル等がない場合は腕立て伏せやスクワット)や動き作りを通した動的ストレッチやラダートレーニング等、全体のバランスを鍛えるという基本を大事にしてください。

下記リンクの下半身のストレッチをぜひご覧ください。

【スポーツの要】お尻と太ももの硬さを取り除くケア用ストレッチまとめ

いかがでしょうか?
ほかにもご不明な点がございましたら、いつでもご質問くださいね。

詳しくありがとうございます。
本当に将来怪我をせずに長くサッカーを楽しんでやって欲しいと思って質問させていただきました。
これからもよろしくお願いします

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する