close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

バスケットボールをやっています。 シュートの飛距離がなかなか伸びません。 コーチに体を上手く使えば飛距離が伸びると言...

Question

バスケットボールをやっています。
シュートの飛距離がなかなか伸びません。
コーチに体を上手く使えば飛距離が伸びると言われるんですが上手く使うとはどうすればいいのですか?
なにかいい練習方法はありますか?

Answer
ダイス・ヤマグチ

ダイス・ヤマグチ

アスレティックトレーナー

こんにちは!
シュートの飛距離をどうやって伸ばせば良いのか、ということですね。
"身体を上手く使う"というのがミソですねー!
では何を行うのか。

これをやれば誰でもシュートの飛距離が伸びる!という答えは正直ありません。一人一人身体の使い方のクセがあり、実際に質問者さんがどのように動くのか、身体をシュート時にどのように使っているのかを見てから指導を行うのが一番だと思っています。

が、そんなことは言ってられませんね!

予測ですが、飛距離が出ないのはシュートの際に足に伝わる床からの力(床反力)を上手く体幹、そして腕へと伝えられていないのが1つの原因かもしれません。
そのためのトレーニングとしてウォールプレスドリルが挙げられます。

これは床を足で押した際にその力をどのように体幹から手へ伝えるかという感覚を引き起こすために有効なものです。
試しにこれを毎日10秒間、6セットほどやってみてください。できれば試合や練習前など身体を動かすウォーミングアップの1つとしてやりましょう。
これを"正しく"行うことで、お尻・体幹・肩周りの筋肉の活性化もはかれ、様々な動きの質の向上にも役立ちます。

これを行ったあとにスクワットなどのトレーニングを行うと更に効果的になるかと思います。スクワットに関しても、怪我を減らし、効率よく身体を使えるようになるためにはきちんとしたフォームで行うことが大切です。
参考に現在NBAミネソタティンバーウルブズでパフォーマンスディレクターをされている(映像は数年前のもの)佐藤晃一さんの指導風景を参考にされると良いかもしれません。

最後にお伝えしますが、これはあくまでも参考です。

もしこれでわかりにくかったり、やっている最中に痛みが起こる場合はお近くの専門家に直接指導をしてもらうことをおすすめいたします。

シュートの飛距離が伸びるといいですね!
応援しています!!!

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する