close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

29歳でサッカーを小学生対象に教えています。よく足をひねる子がスクールの中にいます。捻って少し休むとすぐに練習に戻るのは...

Question

29歳でサッカーを小学生対象に教えています。よく足をひねる子がスクールの中にいます。捻って少し休むとすぐに練習に戻るのは個人的にかなり嬉しいですが、実際はどれぐらい休ませることが理想でしょうか?

Answer
武田 康志

武田 康志

スポーツ整形外科医

ご質問ありがとうございます。
以下回答いたしますので参考になれば幸いです。

御承知のごとく、よく捻挫をする選手の場合には、繰り返すことで足関節外側の靭帯の機能不全になることが多く軟骨損傷を併発するので、「痛みがすぐ取れるからいい」という判断にはなりません。

まず、医療機関で足関節外側靭帯の緩みがないかなど正式に検査してもらってください。
その上で許容範囲の靭帯の機能があれば、バランストレーニング、足関節4方向の筋力トレーニングとサポーター装着をしていただければ嬉しいです。

どれくらい休ませたらいいかという明確な指標は今もありません。それは、受傷時の衝撃はケースバイケースで幅がありすぎるためです。
私たちの用いている指標を一つの参考にして頂ければと思います。
よく捻るという条件はないものとして、捻挫で一番多い、内反受傷での外側靭帯損傷を例にします。回復の大まかな順番を示します。

①片足での起立が30秒程度可能になる
②片足で起立した状態で様々なバランスを崩させるストレスを与えてもバランスをキープできるようになる。
③最後には片足でのヒールアップ(踵あげ)を20回連続で左右差なく可能になる

このあとラダーやスラロームテスト最後にジャンプテストをしてグランドでの最後のチェックをします。
期間でなく機能回復の程度で判断していただければ嬉しいです。

他にもなにかご不明な点がございましたらご相談くださいね。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する