close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

アメリカの大学バスケットボールで活躍してる選手がバスケのために約1年ほどアイスを食べていないと言っていました。ハードにト...

Question

アメリカの大学バスケットボールで活躍してる選手がバスケのために約1年ほどアイスを食べていないと言っていました。ハードにトレーニングやバスケットボールをしているはずなのであまり食生活に気を使うこともないのでは?と思いました。そこで、アスリートとしては食べてはいけないものとしてジャンクフードや糖質の種類とかがあるのかなと思いました。私も普段脂質を気にしたりはするのですが、カロリー消費する日などはアイスやジャンクフードも食べてしまいます(消費する範囲内で)。
食べないほうがいいものなどはありますか?

Answer
吉村俊亮

吉村俊亮

スポーツ栄養学・パーソナルトレーニング

ご質問ありがとうございます。

基本的には、食べてはいけないものというものはありませんが、食べない方が無難なものはあります。
例えば、高カロリーなジャンクフードやカップ麺、お菓子などは量にもよりますが、食べない方が無難です。
理由としては、カロリーが高いわりに代謝や身体作りに関わっているビタミン類、ミネラル類の含有量が低い場合が多いということです。
1日の消費エネルギー内であったとしても、栄養バランスが崩れていたら、摂取した栄養をうまくエネルギーに変換することができなくなり、エネルギーの不完全燃焼が起こります。
また、いち早い疲労の回復や筋の合成、細胞の脆弱化なども起こるリスクがあります。
どの栄養素も必要量摂れていたとしても、何か1つの栄養素を過剰に摂取してしまうことで、マイナスの効果が表れることもありますので、どの栄養素もバランスよく摂取できるような食事を心がける必要があります。
それぞれの栄養素の相互作用などを知ると、理想的な食事に変えるための手助けになるかと思います。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する