close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

競技 チアリーディング /競技歴 5年目/年代 20歳 大学生/練習頻度 週5日/ 大学の部活でチアリーディング...

Question

競技 チアリーディング /競技歴 5年目/年代 20歳 大学生/練習頻度 週5日/
大学の部活でチアリーディングをやっています。今年から部員が増えメンバー選考が始まりました。私はメンバーに入れませんでした。大会には出ませんが、選考に漏れたメンバーでチームを作り、演技をしています。そのチームのキャプテンを任されました。ですが、私は今まで部長やキャプテンなど先頭に立つ役割をやった事がないし、リーダーシップというものがとても苦手です。どこで怒っていいのかどのくらい怒っていいのか(怒ることが苦手です‥。)、その場に適した判断などが皆無です。むしろ後輩の方がリーダーシップがあって立場が逆転しそうで怖いです。どうしたら、後輩は自分について来てくれるでしょうか。理想とするキャプテン、リーダーシップとはどのようなものですか?

Answer
河津慶太

河津慶太

学術協力研究員(スポーツメンタルトレーニング指導士)

ご質問ありがとうございます。また,回答が遅くなり大変申し訳ございません。

はじめに,このようなお悩みは本来はご本人と直接お話をさせていただき,問題を掘り下げながら解決していくものなので,Q&Aだけでは限界があることをご承知おきください。

早速ですが単刀直入に,理想とするキャプテンの条件をあげるとするならたった一つ,「チームや選手の目標を明確にし、達成させることのできる」人だといえます。

しかしながら,その方法は決まったものがあるわけではありません。先日,レジェンド級の元プロ野球選手の桑田真澄投手がこんなことを言っていました。

「ゴールへの行き方は一つじゃない!」

つまり,やり方はいろいろ,何が正しいかなんて大した問題ではありません。例えば,質問文から察するに「怒れること」が一つのリーダーの条件のように思われているようですが,全く怒ることのない優秀なリーダーはいくらでもいます。

 また,「先頭に立ってチームメイトを引っ張る」というスタイルだけがリーダーシップと思っているのならそれも本当にそうでしょうか?早稲田大学ラグビー部を全国大会2連覇に導いた中竹監督は選手から「大したことない監督だけど,優勝監督にしてあげるから」などといわれていたそうです。実際に彼は練習内容に関してほぼ口出しをしていません。

 じゃあ一体自分はどうしたらよいのか?ということになりそうですが,本来はそれを自分で見つけないと自分自身の成長はあり得ません。なので,「自分で見つけてください」ということなのですが,それではこのQ&A自体の意味もなくなってしまうので,自分のやり方を自分で見つけるためにはどうしたらよいかを紹介しておきます。

・まずはチームや選手個人(自分自身も含む)の目標等を明確にする時間を設ける。

今いるチームの目標を決めましょう。大会とかなら順位などが目標になるのでしょうが,それ以上に「どのような演技をするのか?」ということが大事です。
さらに,そこに所属する個々のメンバーの目標(演技の内容のことでも,競技生活のことでも構いません)となぜ演技をするのか?を考えてもらいましょう。

・自分にできることできないことを分析して明確にし,できないことにはあまり執着しない

紙などに,自分の得意なこと,不得意なこと(怒ることでしょうか?)を書き出して明確にしましょう(よくわからなければ人に聴いてもかまいません,それができたほうが実はリーダーとしては良いこともあります)。そして,できれば得意なことに着目し,それを軸として自分自身のリーダーシップのスタイルを確立していきましょう。

具体的にやることとしてはこんなところでしょうか?実際やってみてよくわからないところなどがあればまたご質問ください。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する