close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

迷ったら、聞け。

普段の生活や練習・試合で疑問に思ったことを
専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する

中学1年ボーイズリーグで野球をしています。週末練習時の昼食が、食トレとして、1キロの弁当箱を食べるようになっています。中...

Question

中学1年ボーイズリーグで野球をしています。週末練習時の昼食が、食トレとして、1キロの弁当箱を食べるようになっています。中身は問われず、1キロ計量のみです。体格、体重は不問で、食後1時間以内には午後のトレーニング(ランニング、筋トレ)練習試合などを行っています。栄養学的にも疑問ですし、血液の循環動態的にも根拠に疑問があります。食事のとり方としてはどうなのでしょうか?

Answer
吉村俊亮

吉村俊亮

スポーツ栄養学・パーソナルトレーニング

ご質問ありがとうございます。

このような食事は野球チームではよく聞く話ですね。

1kgの弁当箱を食べるということ自体は悪いことではありませんが、その内容に関して自由ということと選手の体格を考えていないということに問題があります。
また、それだけの量の弁当を食べた後、1時間以内に練習が始まるというのも、消化吸収が上手くいかなくなるため、せっかく食べた食事が何割かは無駄になっている可能性も考えられます。

改善方法としては、食事の内容を弁当箱の1/2を米、残りの1/2を3等分にして、そのうち1/3を主菜(メインのおかず)、2/3を副菜(野菜がメインのおかず)にすること。
体格が大きい選手ほど、胃の容量が大きく、体格が小さい選手ほど胃の容量が小さいということを理解したうえで(各選手のおおよその総エネルギー必要量がわかれば尚よい)、各選手の弁用箱の容量を決めること。
午前練~午後練の間は、食事を食べる時間も含めて、最低でも2時間は空けること。

上記の内容を少しずつでも実践できるようになると食事に関してはかなり改善されるのではないでしょうか。

ただ、選手や保護者だけでは、指導者陣の方針をすぐに変えることは難しいのが現状ですので、根気強く変えていける環境を作ってあげて下さい。

普段の生活や練習・試合で疑問に
思ったことを専門家に聞いてみよう!

専門家に質問する