close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

無料登録すると無制限で動画が見られます。

無料登録して動画を見る ログイン
スポーツ整形外科医 武田先生講座【オスグッド②編】

スポーツ整形外科医 武田先生講座【オスグッド②編】

重症になる前に!オスグッド病について

思春期の男児に多くみられる膝下の痛み。
オスグッドはスポーツをしている思春期ころの子供に多い症状です。
成長痛や、スポーツ障害と呼ばれることもあります。

成長期の子どもの脛骨粗面(膝下)は、まだ軟骨部分が多く、また弱いので、繰り返し脛骨粗面に負担がかかると、その部分に炎症が起こります。骨や軟骨の一部が浮いたり、剥がれてしまうこともあります。

Jリーグ柏レイソルや川崎フロンターレの専属ドクター、日本体育大学アメリカンフットボールのチームドクターとして、豊富な現場経験を積んできた武田康志が、オスグッドについて語ります。