close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

小松佳弘

ビジョントレーニング

小松佳弘

  • プロフィール
  • 相談回答
  • 執筆記事

プロフィール

人の情報の90%は目からの情報になります。その目を鍛えることで動体視力を始め脳の活性化・判断力を上げることを可能とします。
フィジカル・メンタルどちらともに影響を与える目はこれからの鍛錬する臓器として注目されています。何事も上達の近道は目と言えます。
ビジョントレーニングはアメリカ空軍の訓練に用いられたり、スポーツ選手の動体視力・立体視などの能力開発の為のトレーニングにも応用されています。
スポーツの場面で必要とされる<眼の能力>は、スポーツビジョンとも呼ばれおり、動体視力・素早い眼球運動、瞬間的な判断、広い周辺視野などが求められます。

資格

ビジョントレーナー

経歴

早稲田大学人間科学部スポーツ科学科コーチング論専攻
文科省指定学習障害児童対策プロジェクトチーム(7名中のひとり)
岩田屋コミュニティカレッジレギュラー講師
福岡市・飯塚市外部指導員

指導歴・実績

ソフトバンクホークス始めプロ野球選手・桐蔭学園高等学校・社会人硬式野球強豪クラブチーム
福岡市内・飯塚市内小学校の先生に向けて子供のビジョントレーニング指導
脳梗塞による両眼視不能患者への両眼視トレーニング半年で両眼視可能に
岩田屋コミュニティーカレッジ・博多阪急コトコトステージにて講師・整骨院にて定期セミナー
ラジオ(クロスFM・福岡FM各1回)・フットサルイベントゲスト講師