close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

武田 康志

スポーツ整形外科医

武田 康志

  • プロフィール
  • 相談回答
  • 執筆記事

プロフィール

小学生の頃から自他共に認めるサッカー少年だった私は、サッカー好きが高じて、整形外科医として働くなかで自然とアスリートの治療に特化したスポーツ整形外科を志すようになりました。
そして、わが国で初めて創設された関東労災病院スポーツ整形外科の診療メンバーとして、約10年にわたり研鑽を積むと同時に、Jリーグ柏レイソルや川崎フロンターレの専属ドクター、日本体育大学アメリカンフットボールのチームドクターとして、豊富な現場経験を積んできたと自負しております。

的確な診断と治療法の選択はもちろん、手術やリハビリの的確な時期や内容に関するアドバイスには自信があります。一人一人の生活環境、年齢、スポーツレベルや短期的な試合日程、長期的な目標など様々な背景を考慮しながら、ベストな治療法を提案させていただきます。 もちろん学校体育やレクリエーションスポーツによる怪我、あるいはスポーツとは関係のない腰痛、膝痛なども対応いたしますので、お気軽にご相談ください。 一人でも多くの皆様が不安から解放され、納得のいく治療を受けていただき、笑顔で復帰できるように、精一杯頑張っていきたいと思います。

資格

日本整形外科学会専門医
体育学博士 (日本体育大学健康科学スポーツ医学科)
日本体育協会公認スポーツドクター

経歴

1991
産業医科大学医学部卒業
産業医科大学整形外科 入局
1993
青森労災病院 整形外科
1995
東京労災病院 整形外科
1996
産業医科大学 整形外科
1997-2006
関東労災病院 スポーツ整形外科
2006
堺整形外科福岡スポーツクリニック
2006/6/21
関東労災病院スポーツ整形外科診療班として、秩父宮記念スポーツ医 科学賞奨励賞 授賞
2007
日本体育大学 スポーツ医学非常勤講師(スポーツ医学)
2011
武田スポーツ整形外科クリニック開院
2015
タケダスポーツクリニック 移転開院

指導歴・実績

1997-1999
【Jリーグ】柏レイソル チームドクター
2000-2006
【Jリーグ】川崎フロンターレ チームドクター
2000-2005
日本体育大学アメリカンフットボール部チームドクター
2009-
日本サッカー協会 西日本ナショナルトレセン帯同ドクター(U-14、U-16)
2010
日本サッカー協会 U-16日本代表合宿 帯同ドクター
2010
日本サッカー協会 西日本ナショナルトレセン帯同ドクター(U13-14)