close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【チームワークも強化】合宿中にチームの一体感を高める方法

こんにちは、スポーツメンタルトレーニング上級指導士の石井です。

今回は、多くのチームが取り組むであろう夏の合宿に向けて、共同生活のなかでチームワークを深める方法を解説します。チームの連帯感や一体感を高めたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

試合前の合宿?練習のための合宿?

まずチームメンバーでの「合宿」には、チーム力を強化する練習メインのものと、大きな試合前に現地に前乗りしチームの最終調整をするものがあると思います。

それぞれについて詳しく解説していきましょう。

練習メインの合宿の場合(練習試合や練習量の多い合宿)

まずは、チーム力を強化することが目的の合宿で取り組めることを紹介します。

この場合はどんなチームにもある「朝の散歩」「食事の準備」などの時間を活用してチームの一体感を高めていきます。

朝の散歩中

朝の散歩中にできるチームの一体感を高める方法は、

  • ペアワーク
  • 3分間スピーチ

などがあります。

ペアワーク「お互いの長所を褒め合う」

まずペアワークはどういったワークかというと、ペアになった2人でお互いの良いところを探して褒め合うというものです。

このワークはプラスのコミュニケーションになります。散歩の時間でも歩きながらペアになっておこなうことができる取り入れやすい方法です。

合宿のなかでチームワーク向上の時間が作ることができるのであれば、カードを使ってチームのなかで交換するとより効果的です。できるだけ、チームメンバー全員とお互いの良いところ褒めるようにしましょう。

3分間スピーチ「決意や目標を語る」

次に「3分間スピーチ」は、「今の自分の決意や目標など」をチームメンバーに向けて話します。

スピーチを通してメンバーの考えていることを聴くことができるので、お互いのことを理解することに繋がり、その結果、チームの連帯感・一体感を高めることになるのです。

一度に全員のスピーチをする時間がない場合は、朝のミーティングの時間などで数名ずつおこなうことで合宿中に全員がスピーチできるように工夫もできます。

食事の準備中

合宿につきものの、食事の準備中ですら、自分たちで役割分担をして、分担された役割を果たすことができれば、「美味しい食事を準備する」という目標を通して、チームの連帯感や一体感を高める作業になります。

配膳しかおこなわない場合でも、一人ひとりの食事量や体調に合わせて準備をするという意識ができれば、お互いを思いやる気持ちの向上ができ、チームの連帯感・一体感の向上に繋がるでしょう。

また、食事の際は当然、チームで話し合う時間を作る事ができるので、お互いの考えを語り合うことも重要です。このときは、信頼関係、役割分担が果たせているか?などテーマを決めて話すといいでしょう

これもスポーツに関することだけに限定するのではなく、私生活やニュースなど、いろいろなことを話をしてお互いの理解も深めて欲しいと思います。

時間を有効活用して、チームの連帯感・一体感、また人間力も向上させてください。

試合前の最終調整の合宿の場合

次に、大きな試合前に現地に前乗りし、チームの最終調整をする合宿の場合です。

せっかくチームで宿泊するのですから、朝の散歩から食事の時間は上記の練習メインの合宿と同じようにメンバーの一体感を高めることに使ってほしいと思います。

また、練習メインの合宿のときと違うのは、練習会場の到着からアップまで「試合の流れ・手順をイメージしながら取り組む」ということです。

試合の手順をシュミレーションすることで、「やるべき事」が明確になり、同じ目標を持ち、同じ方向に気持ちや行動を向けることができます。その結果、チームの連帯感や一体感が向上します。

試合前の重要なタイミングでチームの雰囲気をまとめ上げる大切なポイントですので、ぜひ取り組んでみてください。

歌うことでもチームワークを高められる

最後に、私がサポートしているチームでは、校歌などチームのテーマソングを決めて元気よく歌ってもらっています。これは、全員で歌う事でチームの一体感を向上させるを意識しています。これは、どのチームでもできるチームの一体感を高める方法だと思います。

今回紹介したような方法を使って、合宿での時間を有効活用してください!

▼チームワーク関連の記事