close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【アスリートの名言】日本の絶対的エース「内村航平」のメンタル

口から出る言葉は、発した人のメンタルを表すもの。

心・技・体の全てを高め、戦うアスリートの言葉からメンタルを学び、自分の日々の考え方や習慣、行動に活かしてみよう。

今回はオリンピックで史上4人目となる個人総合2連覇と、団体の2冠を達成し、日本体操界の絶対的エースとして活躍する内村航平選手から、プレッシャーを跳ね除けるメンタルを学ぼう。

プレッシャーについて


↑出典:【NHKリオ】内村の6種目 全部見せます 体操個人総合決勝

僕は期待されるほどやる気も増して、応援してもらった分だけ演技で返そうという気が働きます。ですから、プレッシャーも全くありません。

初めての大きな大会が北京オリンピックでしたが、そのときは緊張というより大舞台で演技できる楽しさの方が強くて緊張しませんでした。

それから年齢とともに技術も向上して、自信が生まれてきて、緊張がなくなりました。

日本チームのキャプテンとして

体操の質で言ったら、日本は絶対負けてない。自分たちの演技とミスがない演技ができれば絶対に勝てると思います。

団体は皆で励ましあって、喜びを分かち合ってできるので楽しいですね。団体のときの方が素直に喜びが表現できていると思います。

やっと一人の寂しさから解放されました。ようやく代表もそろって、大きな目標に向かってスタート地点に立ったという感じです。

チーム戦は、他の人のミスも得点に響いてくるので、それで金を取ったときの喜びは個人総合以上のものがある。

ひとりの体操選手として


↑出典:【NHKリオ】内村の6種目 全部見せます 体操個人総合決勝

宿命ですね。やるために生まれてきたという感じです。体の続く限りずっと体操はやりたいですね。

世界チャンピオンでいるためには世界で最高の練習をしなくてはならない。

コトバでなく、練習で見せられれば。

高みへの努力を続ける王者

体操をやるために生まれてきた。

ミスの許されない体操競技で全くの緊張を見せない彼の言葉からは、身体だけでなくメンタルもそのように仕上がっているように感じられる。

大舞台のプレッシャーをポジティブに楽しむ内村選手。彼のようなメンタルに変えるため、改善するためにMUSTERの専門家の意見を参考にしてみよう!

専門家への質問は こちら から