close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

減量中に注意!脂質の多い・脂肪に変わりやすい食品

こんにちは、管理栄養士として活動しています土肥慎司です。

試合に向けて体重や体脂肪を減らしていく減量をおこなっている選手も多いと思います。そこで今回は、減量中に避けるべき意外な食品について解説していきます。

世間のイメージでヘルシーと思われている食品も要注意ですので、減量中の方は参考にしてください。

果物

ビタミンを豊富に含んでいる果物も、減量中には避けた方がいい食品です。

果物は「フルクトース(果糖)」を多く含んでいます。

フルクトースは「グルコース(デンプンという形でご飯、パン、麺、芋などに多く含まれているもの)」と比較すると3倍中性脂肪に変わりやすい性質を持っています

ナッツ類

ナッツ類はミネラルや脂質を多く含んでいますが、1粒1粒が小さいので思っていたよりも食べ過ぎてしまうこともあります。

減量中のビタミン摂取はナッツや果物を中心にするのではなく、野菜・海藻を中心にしていきましょう。

アボカド

ビタミンやミネラル、不飽和脂肪酸を多く含んでいます。不飽和脂肪酸も脂質であることには変わりないので、多く摂取するほど、減量のスピードは遅くなります。

乳製品

乳製品はカルシウムを始め、ミネラルや脂質を多く含んでいます。

減量中であれば、低脂肪乳や無脂肪乳、脂質0のヨーグルトを利用することで脂質の摂取量を抑えることができます。

脂質が多い、脂質に変わりやすい食品の量に気をつけましょう!

いずれの食品も悪いわけではなく、減量中は目標体重までの期限を踏まえて、食べる量や頻度を考える必要がある食品と言えます。

世間のイメージだけで食品を選ぶのではなく、栄養学の基本的な知識も身につけながら減量していきましょう。

▼減量関連の記事

専門家への質問はこちらから