close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

アスリートのトレーニング効率を上げるウェアラブル端末「PUSH」

従来の「追い込むトレーニング」よりも効率がいいということで、最近注目を浴びている、動きの速さを基準にするというコンセプトのトレーニング「Velocity Based Training(VBT)」。

今までのように限界ギリギリまで追い込むのではなく、動きの速さに注目し、それをもとにトレーナーが指導することで、トレーニング量は少なくても大きな効果を生むことが明らかになっている。

そんな魅力のあるVBTを取り入れるためには、個人が簡単に購入できないような高価なセンサーが必要だった。

しかしそんなVBTの問題を解決し、NFLやMLB、NBAなど世界最高峰のスポーツリーグに所属する25チームが取り入れている最新のトレーニングデバイス「PUSH」を紹介しよう。

アスリートのトレーニング効率を上げるウェアラブル端末「PUSH」

PUSHはアームバンドとして腕に装着するタイプのウェアラブルデバイス。

腕に装着し、スマホとBluetooth接続することで、自分のトレーニングの動きの速さを計測し、データを自動でグラフで表示。今まで紙とペンでメモしていたトレーニングの内容やスピードをデータで自動処理することができる。

また、バーベルを使ったスクワットや、ベンチプレス、デッドリフトのような基本的なウエイトトレーニング種目だけでなく、ピッチングやジャンプ(垂直跳び)など、幅広い動きに対応し、スマホで同時に撮影することで、どのポイントで一番爆発的な力を発揮したか、などの情報を集めることも可能。

トレーニングコーチだけでなく、スキルコーチも活用できるデバイスなのだ。

価格も魅力的

また、非常に高価だったVBT用の加速度計に比べ、約1/7ほどの価格である$289(約3万円)で購入可能と、VBTを取り入れるためのハードルをグッと下げることができるのも大きな魅力。

スポーツ選手ひとりがひとつ持ち、自分のトレーニングや動きを分析・記録することができるようになるだろう。

アプリが日本語未対応であることや、iPhoneにしか対応していないなど、様々な問題はあるものの、トップを目指す選手やトレーナー必見のアイテム。

気になる方は以下の公式ウェブサイトをチェックしてみよう。

「PUSH」公式ウェブサイト

PUSH // Train With Purpose