close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【パワー向上で高く跳べ!】ジャンプ力強化のためのウエイトトレーニング

こんにちは。東京都内でトレーナーとして活動しています、佐々部孝紀です。

今回はジャンプ力強化に繋がるウエイトトレーニングについてお話ししていきます。

ジャンプ力を強化するにはどんなウエイトトレーニングをすればいい?

Q. ジャンプ力強化のための基本的なウエイトトレーニングメニューを教えてください

ジャンプ力を強化するためにはパワーを向上させよう

ジャンプ力強化のためには、パワーの向上が必要です。

パワーというのは「筋力」×「スピード(筋収縮スピード)」のことですので、このふたつをそれぞれ高めるためのアプローチをする必要があります。

以下でその2種類のアプローチについて解説します。

ウエイトトレーニングで筋力を高める

質問の内容にある通り、ジャンプ力の強化のためにはウエイトトレーニングが必要です。これはある程度のレベルの選手に対しては「筋力」の強化には自体重では不十分だからです。

様々な種目がジャンプ力向上には必要ですが、まず取り組むべきは基本的な動作であり大きな可動域でのトレーニングが可能な「スクワット系の種目」でしょう。スクワット系の種目:フロントスクワット、オーバーヘッドスクワット、バックスクワット、リバースランジ、ブルガリアンスクワットなど

バックスクワット(パラレル)

リバースランジ

様々なスクワット系の種目がありますが、どれを中心におこなうべきかは、筋力や柔軟性のレベル、現時点での動きのクセなどによります。

きれいなフォームでパラレル(太ももが地面と平行)まで降ろせるようであれば、バックスクワットで重量を上げていって筋力をつけていくのが良いでしょう

正しいフォームでできているのか分からなかったり、膝や腰などに痛みや違和感がある場合は、一度直接専門家に見てもらってみてください。

ジャンプトレーニングでスピード(筋収縮スピード)を高める

いくらウエイトトレーニングで「筋力」をつけても、「スピード(筋収縮スピード)」が伴わなければジャンプ力は向上しません。

ウエイトトレーニングに加えて、基礎的なジャンプトレーニング(垂直跳びや立幅跳び)もおこないましょう。

ジャンプトレーニングもスクワットと同様、きちんとフォームに注意しておこなってください。特に着地姿勢をしっかり作ってケガをしないようにしましょう。

▼ジャンプ力関連の記事

専門家への質問はこちらから