close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【成長・トレーニング期の選手に!】「森のバター」アボカドの栄養価

こんにちは、管理栄養士として活動しています土肥慎司です。

今回は、「森のバター」と言われる食品「アボカド」の栄養価についてお話していきます。

アボカドの栄養価の特徴は?

Q. 海外のアスリートの食事を見ているとアボカドがよく出てくる印象を受けます。アボカドにはどんな栄養価の特徴がありますか?積極的に食べた方がいい場合などありますか?

アボカドはビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸を多く含んでいます

「森のバター」と言われることもあるアボカドにはビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸、食物繊維と多くの栄養素が含まれています。

その中でも特に多く含むビタミンEには激しい運動による身体の酸化を防ぐ「抗酸化作用」があり、カリウムには身体の老廃物を体外に出す「利尿作用」があります。

そして不飽和脂肪酸は肉などに含まれる脂質などに比べて質の良い脂質のひとつです。

1g当たり9kcalとエネルギー量が大きいため、エネルギーを多く必要とする成長期やトレーニング期の選手には向いています。

アボカドも減量期には控えよう

栄養豊富なアボカドですが、エネルギー量が多いため、減量期には量に気を付けないと減量スピードが遅くなってしまいます。

また脂質が多いことで消化吸収に時間がかかるため、試合前に食べるのは控える方がベターと言えるでしょう。

自分が身体をどうしていきたいのか、「目的」をしっかりと明確にした上で、アボカドを食生活に取り入れていきましょう。

専門家への質問はこちらから