close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

選手・コーチが知っておくべき、トレーナー別の専門分野

こんにちは。東京都内でトレーナーとして活動しています、佐々部孝紀です。

突然ですが、「トレーナーの仕事」とは何でしょうか?

ケガをしたときに応急処置をする、テーピングを巻ける、マッサージができる、トレーニングを指導できる……など、どれも間違いではありません。

今日の内容は、選手・コーチは必ず知っていなければいけない「トレーナーの使い分け方」です。これを知らなければ、将来大損をする可能性もあるでしょう。

トレーナーにも専門分野がある

実はトレーナーと呼ばれる人たちが最初に上げた知識・スキルすべてを持っているわけではありません。

言い換えれば、「トレーナーの中にも専門分野がある」ということです。

例えば、「医者」という職業においては「内科」「耳鼻科」「整形外科」など、様々な専門分野があります。

花粉症になったら耳鼻科に行きますし、骨折をしたら整形外科に行きますよね?

それと同じでトレーナーに頼るときも、この場合はこのタイプのトレーナーへ、この場合はこのタイプのトレーナーへと、本来なら使い分けをするべきなのです。

しかし、現状は世間へのトレーナーへの理解度が低いせいか、「骨折をしたのに耳鼻科に頼る」のに似たことがよく起きています。(残念ながら専門外のことでもなんとなくで請け負ってしまうトレーナーも少なからずいるのが現状です)

そういった間違いを起こさないためにも、選手・コーチが「トレーナーの専門分野」について理解をしておきましょう。

トレーナーの専門領域

トレーナーの仕事は

①ケガをした選手に関わる仕事なのか、ケガをしていない選手に関わる仕事なのか
②運動指導者なのか、治療家なのか

で分けられます。

代表的なものは図に示した通りです。

治療をおこなうには医療資格(はり師、きゅう師、按摩マッサージ指圧師、柔道整復師などの国家資格)が必要です。

なので医療資格を有しないトレーニング指導者なのに、選手にマッサージをおこない、それを生業とすることは本来あるべき姿ではありません。

逆に、法律的な問題にはならないのですが、トレーニングについてきちんと教育を受けていない・学んでいない治療家が、スポーツ選手のトレーニング指導を仕事としておこなうことも良くありません。

このことを知らずに、トレーニング指導者に治療やテーピングを頼んだり、治療家にパフォーマンスアップのためのトレーニングをお願いする。これが先ほど述べた「骨折したのに耳鼻科に頼る」状態です。

幅広い専門分野を持つトレーナーもいる

しかし一方で、整形外科と耳鼻科を併設している病院があるように、トレーニング指導もできて医療資格も有しているトレーナーもいるというのも事実です。

実際に私もこの図の中では、アスレティックトレーナー兼トレーニング指導者として活動しています。(資格としては日本体育協会公認AT、NSCA-CSCSなど)

しかし、はり治療や骨折の整復などについては素人なので、決しておこないません。

また、本来ならケガをしていない選手に関わる「トレーニング指導者」が、ケガをしている選手の「患部外トレーニング」を担当する場合もありますし、ケガをしている選手と関わる「理学療法士(PT)」が、ケガをしていない選手の「ケガの予防のためのエクササイズ」を指導する場合もあります。

このように、各専門分野がお互いにクロスしている部分があったり、複数の専門分野を有しているトレーナーがいたりして複雑なのですが、トレーナーと契約するときは、必ず「何が専門分野で、どのようなことがおこなえるのか」を確認するようにしてくださいね

最後に、上記の図に載せた各専門家の役割や行うことのできる技術をご紹介しますので参考にしてみてください。

各種専門家の役割

アスレティックトレーナー

  • スポーツ外傷・障害の予防
  • スポーツ現場における救急処置
  • アスレティックリハビリテーション(競技復帰までのリハビリ)
  • コンディショニング
  • 測定と評価
  • 健康管理と組織運営
  • 教育的指導

(公認アスレティックトレーナー専門科目テキストより)

ストレングスコーチ( トレーニング指導者)

ストレングスコーチは主にアスリートを対象に、パフォーマンスの向上と傷害予防を目的として、ストレングストレーニングを中心とした安全で効果的なエクササイズプログラムを作成し、指導を行う職業です。

筋力、パワーを中心としたすべての体力要素へのアプローチを通じて、目的とする試合や期間に、選手、チームが最高のパフォーマンスを発揮することを目標に、エクササイズプログラムを作成します。(NSCAジャパンHP)

理学療法士

ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職(公益社団法人 日本理学療法士協会HPより)

治療家

鍼灸師

鍼:はりとは一定の方式に従い、鍼をもって、身体表面の一定部位に、接触または窄刺刺入し、生体に一定の機械的刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、保健および疾病の予防または治療に広く応用する施術である。

灸:きゅうとは、一定の方式に従い、もぐさ等を燃焼させ、身体表面の一定部位に温熱刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、保健および疾病の予防または治療に広く応用する施術である。(公益社団法人 東洋療法学校協会HPより)

按摩マッサージ指圧師

あん摩、マッサージ、指圧とは疾病の治療又は予防の目的をもって、人の身体の各部をおし、ひき、もみ、なで、さすり、たたく、などの施術をおこなうことをいう。
あん摩は古代中国におこり日本に渡来した施術、マッサージはヨーロッパにおこり体系化された施術である。また指圧は古法あん摩、導引、柔道の技法を合わせ、大正初期にアメリカの整体施術の理論と手技を取り入れて体系化されたものである。(公益社団法人 東洋療法学校協会HPより)

柔道整復師

骨・関節・筋・腱・靭帯などに加わる急性、亜急性の原因によって発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し、手術をしない「非観血的療法」によって、整復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる治療を行う。(公益社団法人 日本柔道整復師会HPより)

▼佐々部氏の他の記事