close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【アスリートの名言】クールな表情に隠された熱さ、「五郎丸歩」のメンタル

口から出る言葉は、発した人のメンタルを表すもの。

心・技・体の全てを高め、戦うアスリートの言葉からメンタルを学び、自分の日々の考え方や習慣、行動に活かしてみよう。

今回は、2015年のラグビーワールドカップで大会ベストフィフティーンにも選出され、現在フランスのRCトゥーロンに所属する「五郎丸歩」選手から、どんな状況でも分析できる冷静さと、内に秘めた情熱を学ぼう。

人生について

人生で何か得ようとするなら、何かを犠牲にしなければならない。

批判されるのは人生の中では瞬間的なものだろうが後悔は一生。

人を大切にする集団は必ず好循環を生み出し、強くなるだけでなく人々に愛され憧れの集団になるのだと思う。

これはスポーツに限らないと思いますが、継続なしにたくさんのものを得ることはできません。あきらめることは簡単ですが、あきらめて得られるものは後悔だけです。

勝負には、勝ちと負けしか存在しない!!

情熱について

ラグビーが注目されてる今だからこそ日本代表にいる外国人選手にもスポットを。
彼らは母国の代表より日本を選び、日本のために戦っている最高の仲間だ。国籍は違うが日本を背負っている。

これがラグビーだ。

これまで日本代表の歴史を作ってきた人たちの思いも背負って戦う。

勝てない時代も必死に戦ってきた先輩たちがいて、はじめて僕らもW杯で戦えるんですから

僕たちが目指しているのは、W杯でプレーすることではなく、そこで勝って日本ラグビーの歴史を大きく変えること

一番過酷なスポーツで世界で結果を出すことで、日本のスポーツ界全体にインパクトを与えられる。

僕等はそのチャンスを与えられている。


↑出典:五郎丸歩 公式ブログ「2016年もありがとう」

激しくありたい

冷静さと情熱を持ち合わせる

冷静に人生について考え、情熱を持ってラグビーに向き合う五郎丸選手。

日本チームの司令塔的ポジションで活躍する彼だからこそ、広く見渡せる冷静さと、ファイトする情熱を持ち合わせているのだろう。

彼も語っているように、人生は一度で後悔は一生続く。「あのとき、こうしていれば」という後悔が残らないよう、選手として全力を出し尽くすためにも、MUSTERの専門家の意見を参考にトレーニングや練習に取り組んでみよう。

専門家への相談はこちらから