close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

【選手に負担】熱心すぎる保護者の「代理人による達成」問題

こんにちは、スポーツメンタルトレーニング指導士の河津です。

毎回僕の記事を読んでくださっている皆様、ありがとうございます。そんな皆様は本当に熱心な方々なのだろうな!と思います。

特に、競技者本人ではなく、監督やコーチ、保護者の皆様など、自分の指導している選手やお子さんのためにされている人は、より熱心なのだろうなと思います。

しかし、その熱心さが裏目に出てしまうということも時にはあります。

今回は、熱心さが裏目に出ないように皆さんに心に留めておいてほしいお話です。

アニマル浜口親子ってどう見える?

突然ですが、みなさんアニマル浜口さんをご存知ですか?

元プロレスラーで娘さんの浜口京子さんがレスリングの日本代表としてオリンピックで活躍されている、「気合だ、気合だ~」のあの方です。

あの親子をみていて皆さんどう思われますか?

テレビでの取り上げられ方は演出も入っているでしょうから、すこし大げさにはなっているとは思いますが、なんだかお父さんの気持ちが強すぎるように見えませんか?(もしかしたら私がそう見えているだけなのかもしれませんが)

私の意見に共感できるかたでも、昔はそうは見えなかったかもしれませんね、しかし近年のリオオリンピックの時の京子さんとのやり取りを見てみると暴走が顕著に見て取れるように思います。

テレビ的にはツッコミ役の奥さんが出てきていることが何よりの証拠、アニマル浜口さんが暴走して、それを奥さんが止める、それでも聴かない浜口さんという構図が、頻繁にみられました。

奥さんの登場は浜口さんの暴走を際立たせるため、そんなテレビ局側の意図があるのかもしれませんね。

そんなに笑ってもいられないかも?「代理人による達成」問題

テレビで見ている分には面白い一コマですみますが、実際自分の周りの人で、もしくは自分自身が、気持ちが強くなり過ぎちゃうときはありませんか?

近年、教育の現場でアニマル浜口親子のような状況が良くみられており、問題視されています。

「代理人による達成」問題というやつです。

これは、選手ではなくその保護者や指導者が、自分のなし得なかった夢などを過度に選手(=代理人)に押し付けてしまうという現象。

この傾向が強くみられてしまうと、選手やお子さんと信頼関係を築くことがとても難しくなります。

選手よりも保護者や指導者の気持ちが先行してしまうからです。

選手と指導者、保護者の意思のズレは選手にどのような影響を与えるのか?

教育心理学分野のとある論文で「運動、スポーツをする子ども」と「その親」の意思の疎通具合を調査したものがありました。

この調査で見られた結果として、
親自身が「子供に対しての思いの強さ・援助活動を自己評価した値」と
親の思いの強さ・援助活動を子供が評価した値」は統計的に一致しない、つまりは「親と子供で認識がズレている」というものがあります。

具体的にどのようなズレがみられるかというと、

「両親からのプレッシャーは親が思うよりも子供は強く感じている」
「両親の支援・援助は、親が思うより子は感じていない」というもの。

「そんなに子供にプレッシャーかけているつもりはないんだけどなぁ」と思っていても、子供からしたら「もうちょっとのびのびさせてほしい~」という思いが強く。

逆に「自分は子供に期待してこんなに支援しているのになぁ」と思っていても、子供は「うちの親は基本放任主義だからね~、そのくせ試合ではめっちゃプレッシャーかけてくる!」なんて思っているかもしれないということです。

「いやいやうちはそんなことないよ~」とアニマル浜口親子を見てそう思う人は多いでしょう、「あんなにはねぇ・・・」と。断っておきますがあの事例は特別わかりやすいものです。

実は知らないところでお子さんにプレッシャーをかけていることも十分あります。

選手は意外なところにプレッシャーを感じている

実際に私が指導していた事例でこんなことがありました。

あるスポーツ選手の試合での出来事。私はその試合を観戦に行っており、終わった後に感想などを選手に聴いていました。

そこで選手がこういったのです……

「父親が離れたところでビデオを撮っていたんだけど、ミスをするとカメラから顔を話してしかめっ面をするから気になる……。」

正直驚きました。

良く見てるなぁと。親からしたら「試合に集中せんかい!」と言ってしまいそうなのですが、それくらい選手たちは指導者や保護者の様子をうかがっているということです。

もちろん、選手が指導者や保護者を気にする度合いは、普段から選手にどう接しているかが影響することは言うまでもありませんね。

このように、「選手」と「指導者・保護者」間での認識のズレは選手にどのような影響を及ぼすのでしょうか?そこまで調査した研究では以下の結果がみられています。

親の子どもに対する期待や支援などについて、親が評価したものと子どもが評価したものの一致度が高いとその子はよりそのスポーツに楽しさを感じている。

というものです(※この研究では特に保護者と選手の関係のみを取り扱っています)。

なぜズレが起きるのだろう?

なぜこのようなズレがおきてしまうのでしょうか?

ズレの原因を考えていくうえで、ある「ふたつの調査」を比較した、非常に興味深い考察があります。

一方の調査では、親と子の評価が一致しておらず「親の評価が子どもの運動への前向きな気持ちに直接影響しているわけではない」という結果がでています。

しかし、もう一方の調査では「親の評価が子どもの一年後の運動への関与に影響を与えていた」つまり、「親の評価がそのまま子どもの運動への前向きな気持ちに影響していた」ということになります。

このふたつの調査ではどちらも9~11歳の子どもを対象にしています。それなのにいったいこの違いはどこから来たのでしょうか?

ふたつの調査の違い

実はこのふたつの調査では、対象の「年齢」は同じですが「状況」が大きく異なっています。

前者の調査は「サッカー選手とその両親を対象」としているのに対して、後者の調査は「一般の小学生とその両親を対象」としているのです。

つまり、前者は「サッカー選手になるためにより高い競技能力や勝つことが重視される」状況での調査になります。

それに対して、後者は特定の競技に参加している子どもが対象ではなく、さらに質問も一般的な運動能力や運動参加に関するものでした。

これは、私の想像になりますが、おそらく質問項目は、

前者は「お子さんにサッカーで成功してほしいと思いますか?」のような質問

後者は「お子さんには大人になっても健康のためにスポーツをやっていてほしいですか?」

というような質問だったのではないかと思います。

このふたつの状況を見比べたとき、前者の調査の方が、圧倒的に親の期待の質も量も高くなってしまうことは想像に難くないと思います。

ここに先ほどの「代理人による達成」の問題が絡んでくるのではないでしょうか?

特にサッカーは今や世界一人気のあるスポーツ、子どもの頃にサッカー選手を目指して挫折した父親はほかの競技に比べて圧倒的に多いことは想像に難くないです。

まずは自分の気持ちを明確に把握しよう

いかがでしたでしょうか?
スポーツでも勉強でも、自分よりも良くあって欲しいと思うのは親の常、指導者でも自分の果たせなかったことを選手に託してしまうなんてことはやはりあるでしょう。

しかしながら、時々はその思いが強くなりすぎていないか?選手の負担になっていないか?

考えてみることも必要になるかもしれませんね。

▼あわせて読みたい「保護者と選手」の記事はこちら

<参考論文>

スポーツに参加する子供の心理的発達に及ぼす大人の影響:その研究動向と今後の方向性.
応用障害心理学研究:第11号,2012年,久崎孝浩・石山貴章.