close

無料会員登録

MUSTERに会員登録すると、あなたに合わせたコンテンツが
自動的に配信され、日々のスポーツに関する悩みを専門家に相談できます。

利用開始をもって《利用規約》
《プライバシーポリシー》
同意したものとみなします。

close

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

専門家がこたえる
スポーツメディア

MENU

「筋トレすると身長が伸びなくなる」という迷信

筋トレで身長が伸びなくなるのは本当か?

こんにちは、パーソナルトレーナーやS&Cコーチ(Strength and Conditioning Coach)として活動している合原です。

「筋トレすると身長が伸びなくなる」

このテーマについては、よく耳にしますが基本的には誤解や迷信であると考えます。

通常、カラダには歩いているときで体重の約2倍程度、ランニング時で体重の約4〜5倍程度の負荷がかかります。

例えば、体重が60kgの人は歩行で約120kg、ランニングで約240kgほどカラダにはストレスがかかっているのです。

つまり、筋力トレーニングを行うときにかかる負荷よりも、日常生活では明らかにそれよりも高い負荷が瞬間的にかかっているということです。

ということは、まずは筋トレよりも、競技の練習量や強度を調節する方が先であると考えます。

結論を言うと、青少年全般は、正しい知識を持った指導者が正しい方法で行えば、筋力トレーニングを行うことはマイナスではなく、むしろプラスの効果が得られると思います。

この理由は以下のようなカラダの反応によるものからです。

青少年全般の年齢とは、5〜18歳を指しますが、知識を持った有資格者(MUSTERに関わるエキスパート達が持つ資格)による適切な指導者の監督下で筋力トレーニングを行うのであれば、骨や筋肉に適切な刺激が加わるため、神経と筋のつながりがよくなり筋力やパワーが向上したり、血中プロフィール(コレステロール値など)の改善、そして運動効率やスポーツパフォーマンス傷害予防につながるだけでなく、ホルモン分泌による細胞の活性化にもつながり、成長をより促進してくれます。

方法次第では、逆に成長を阻害することもある

ただし、適切な負荷ではない場合、逆にカラダの成長を阻害するリスクがあるため、筋力トレーニングを行う際は知識を持った専門家に指導してもらうことが大切です。知識の判断基準においては、最低限MUSTERのエキスパートが持つ資格と思っていただけるとわかりやすいと思います。

昨今では、青少年の練習や試合のスケジュールが大人顔負けのペースで組まれているため、心身ともに疲労がたまってしまっている上で、それから更にトレーニングを入れるというやり方が根本的に間違っているように感じます。


↑練習・試合・トレーニングをバランスよく配分してあげるのは指導者の仕事

まずは年間の重要な試合、練習やトレーニング全体のバランスを見て、計画的に進めたうえで、回復の時間をきちんと入れることをおすすめします。

青少年の筋力トレーニングの目安とは

青少年の筋力トレーニングのガイドラインは以下の通りです。参考にしてみて下さい。

・1RM(1回しか上げられない重さ)での測定、トレーニングは行わない
・軽い負荷から始める。自重、ほうきの柄などを用いて6~15回
・負荷を増加する前に、必ず適切なやり方を確認する。
・まずは回数を増加させていき土台を作りながら、徐々に負荷を増加していく
・1セットから始める
・休息時間は2分以上とる
・トレーニングの頻度は週2~3回程度で行う

MUSTERを通して未来ある子供たちに適切な指導が広まることを願っております。